ここから本文です

「サッカーをあきらめる寸前だった」 マンUで輝くヤングスター、苦悩の過去を激白

9/19(木) 15:30配信

Football ZONE web

今季5試合3得点のウェールズ代表MFジェームズ、クラブ公式マガジンで12歳当時のエピソードを語る

 今季マンチェスター・ユナイテッドに新加入したウェールズ代表MFダニエル・ジェームズは、プレミアリーグの開幕から5試合すべてに出場し3得点を挙げる活躍でブレークを遂げている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」はクラブの公式マガジン「インサイド・ユナイテッド」でのインタビューを引用し、ジェームズが少年時代にサッカー選手をあきらめようとしたことがあったことを伝えている。

【動画】「なんて才能だ」 マンUの21歳新鋭ジェームズ、8月のクラブ月間最優秀ゴールに選出された“無回転ロケット弾”

 1997年11月10日生まれのジェームズは現在21歳。ハル・シティのアカデミーで育ち、2014年にスウォンジーへ移籍すると、17年にトップ昇格を果たし、シュルーズベリー・タウンへの期限付き移籍を挟んで18年2月にプロデビューを果たした。

 2018年11月にはウェールズ代表に招集され、圧倒的なスピードを武器としたスタイルから同胞のレアル・マドリードに所属するFWギャレス・ベイルと比較されることも多くなった。そうしたなか、ユナイテッドの公式マガジン「インサイド・ユナイテッド」のインタビューに応え、過去にプロ選手になるのをあきらめかけたと告白している。

「12歳になる頃、僕はサッカーをあきらめる寸前だった。楽しめていなかったんだ。父と母に『サッカーとは別のことがしたい』と言った。僕は友だちと遊びたかったんだ。当時のトレーニングは、ほとんどが夜に行われていた。学校から帰ってから友だちと遊びに行きたかったけど、練習に行かなければならなかった」

 12歳の少年にとって、サッカー漬けの日々は大きな苦痛となっていたようだ。それでもあきらめなかった理由は、指導者たちがジェームズの才能に気づいていたからだったという。

「僕はハルのコーチたちと真剣に話し合った。そうしたら…」

「僕はハルのコーチたちと真剣に話し合った。そうしたら『(やめるのは)ノーだ。君には能力があるので、ここに残ってほしいと我々は考えている』と言われたよ」

 その後は「サッカーを楽しめるようになった」と明かしたジェームズは、名門クラブに入団してレギュラーとして起用されるまでの存在になった。そしてスウォンジーへの移籍を通して成長を遂げたと実感しているジェームズは、新たな移籍でさらなる成長を遂げようとしている。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/19(木) 15:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事