ここから本文です

「婚活」がうまくいかない人が陥っているワナ

9/19(木) 16:00配信

東洋経済オンライン

“いつかは結婚できるだろう”と思っていて、気がついたら40歳を超えていた――。そんな男女が、今の時代はとても多い。社会が成熟していくと、個人の人権や尊厳が重要視されるようになる。“結婚してこそ一人前”という考え方は、もはや昭和の時代に置き去りにされた偏見に満ちた古き思想だろう。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「令和の時代に、時間を無駄にすることなく結婚する方法」について考えたい。

■社会に出てから1度も恋愛していない

 5月1日より元号が令和になったが、それと前後して、 “平成JUMP”という言葉がTwitterのトレンドワード1位となった。昭和生まれの人が未婚のまま平成を飛び越え令和を迎えてしまったことを“平成JUMP”と言うのだそうだ。

 それはさておき未婚者の結婚観は、平成に入ってから大きく変わった。昭和の頃は、25歳を過ぎても結婚しない女性を“クリスマスケーキ”と言って揶揄した。クリスマスケーキは、12月25日を過ぎると値崩れを起こすからだ。

 今の時代、男性が女性の前でそんな言葉を使ったら、直ちに「セクハラだ」と咎められる。会社の中で上司が部下に、「彼氏(彼女)は、いないのか?」「結婚はしないのか?」などと言ったら、大問題となる。訴えられることもあるだろう。

 平成の時代、結婚は他人に勧められることではなく、自らの意思で選択するものとなった。

 しかし、“社会に出たら結婚して家庭を築いてこそ一人前”という図式が崩れ、自由に選択できる時代になったからこそ、“何が何でも結婚!”という気持ちが独身者から薄れていったのも事実だ。“いい人がいたら、結婚したい”とは思っていても、いい人はなかなか現れず、独身のまま年を重ねていく人たちは増えていくばかりだ。

 先日、入会面談に来た梅澤真司(39歳、仮名)も、まさにそんな1人だった。身長175センチ、ガッシリとしたスポーツマンタイプだ。大学時代は柔道をしていたという。

 「大学時時代は部活に明け暮れていました。4年で引退して、その後に1年ほど付き合った彼女がいましたが、就職してからはお互い忙しくなって自然消滅的に関係も終わりました。それからは、彼女らしい彼女はいません。新卒で入った会社がとにかく忙しかったし、気がついたら30を超えていました」

1/6ページ

最終更新:9/19(木) 16:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事