ここから本文です

最新FIFAランキング、日本は2ランクアップの31位。1位はベルギーで変わらず

9/19(木) 17:17配信

フットボールチャンネル

 国際サッカー連盟(FIFA)は19日、最新のFIFAランキングを発表した。日本は今年7月の前回ランキングから2ランクアップして31位タイとなっている。

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! カタールW杯の日本代表イレブンを予想

 全体の1位はベルギーで変わらず。フランスが2位に浮上し、ブラジルが3位に後退した。4位は変わらずイングランド。トップ10圏内ではフランスのほかポルトガル(6位から5位に)、スペイン(9位から7位に)が順位を上げている。

 今月行われたキリンチャレンジ2019のパラグアイ戦およびワールドカップアジア2次予選のミャンマー戦にいずれも2-0の勝利を収めた日本は2ランク上昇し、ルーマニアと並んでの31位タイ。イランが前回と変わらず23位でアジア最上位を守り、日本はアジア2番手となっている。

 アジア3番手は前回と同じ37位の韓国。オーストラリア(44位)、カタール(62位)が続いている。10月のアジア2次予選で日本代表が対戦する相手国は、モンゴルが183位、タジキスタンが115位となっている。

 FIFAランキングのトップ20、およびアジア上位5ヶ国は以下のとおり。

1. ベルギー
2. フランス
3. ブラジル
4. イングランド
5. ポルトガル
6. ウルグアイ
7. スペイン
8. クロアチア
9. コロンビア
10. アルゼンチン
11. スイス
12. メキシコ
13. オランダ
14. デンマーク
15. イタリア
16. ドイツ
17. チリ
18. スウェーデン
19. ペルー
20. セネガル
▼アジア上位5ヶ国
23. イラン
31. 日本
37. 韓国
44. オーストラリア
62. カタール

フットボールチャンネル編集部

最終更新:9/19(木) 17:17
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事