ここから本文です

新人最多7勝目の西武・松本航。「とにかく自分の感覚を大事に」

9/19(木) 7:01配信

Number Web

 9月13日、ドラフト1位ルーキーの松本航がパ・リーグ新人で最多となる7勝目を挙げた。0.5ゲーム差で首位のソフトバンクを追う大切な試合で、7イニングスを投げ被安打は2、千葉ロッテ打線を無失点に抑える好投を見せた。

【秘蔵写真】ヤンチャそうな森友哉に中田翔&吉田輝星、ほっそり浅村に超イケメンな西川遥輝の高校時代。

 「自分の仕事をしっかりと果たせたかなと思っています。真っ直ぐが走っていたので、テンポよく投げられました。要所でインコースにもしっかり投げ込めたのが収穫です」

 負ければ首位とのゲーム差が開く正念場。「緊張感はありましたが、気にせずに投げられた」と今シーズン、最高のピッチングを見せた。

正念場で投げ方を変えた理由。

 この日の前回登板となるオリックス戦から、ワインドアップモーションからセットポジションに投げ方を変更した。決断したのは前日のことだという。

 「もともと今シーズンはセットポジションで球威が落ちたり、ヒットを打たれることが多かった。『じゃあ、最初からセットで投げてみたらどうかな』と思ったのがきっかけです。最初からセットであれば、クイックモーションで投げるときも、今まで以上に対応できるんじゃないかと思いました。今までずっとワインドアップで投げていたので、最初は慣れない感じもありましたけど……」

 逆転の発想が功を奏し、オリックス戦でも6イニングスで自責点2のクオリティスタートを見せた。

 今シーズンの松本はルーキーながら先発ローテーション入りを期待されていた。しかしオープン戦の最中に肺炎にかかり、開幕は出遅れる。それでも「先発として6イニングスくらいを投げてくれるのは大きい」と、その働きを辻発彦監督も高く評価していた。

 ただし、本人はもやもやとした思いを抱えていた。

「自分のいいところはどこだ?」

 5月19日にプロ初勝利を記録したものの、その後登板した試合でチームは3連敗。6月以降は防御率も4点台と、なかなか思い通りのピッチングができずに苦しんだ。8月8日の東北楽天戦後には、一軍登録を抹消され、調整に励むこととなる。

 「これまで、ボールを置きに行ってストライクを痛打されるケースが多かった。改めて『自分のいいところはどこだ? 』と考えた結果、やはりストレートだと思いました。思い切って真っすぐを投げ込むことが大事だと……」

 8月15日、一軍の練習に参加しながら、メットライフドームのブルペンで130球を投げ込んだ。

 「最初は『100球くらい投げようかな』と思っていたんですけど、感覚を確かめているうちに130球投げていましたね」

 ストレートだけをひたすらキャッチャーのミットをめがけて投げ込んだ。

 「先発ローテーション、今のところ、しっかり守れてはいませんけど、こうして登板機会をもらえているし、一度、抹消されて登板間隔が空く間は自分の考え通りに調整もさせてもらっている。なんとか結果を残したいです」

 練習を引き上げる際にそう語った。

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 7:01
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事