ここから本文です

童謡『かごめかごめ』に潜む「誰かをいじめたい」という欲望

9/20(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 幼き頃、なんとなく口ずさんでいた童謡に、実は恐ろしい意味が込められていた──。誰しもそんな話を聞いたことがあるはず。その多くが都市伝説の類だと言われるが、果たしてどうなのだろうか。体当たり取材が得意な『女性セブン』の名物アラ還ライター・オバ記者こと野原広子が、“本当はコワい童謡”に迫る。

◆『かごめかごめ』(作者不詳)

籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 
後ろの正面だあれ

──かごめは「籠女」と書く。お腹に籠を抱いているような女=妊婦を示し、「籠の中の鳥」とはお腹の中にいる子供を示す。ある夜明けの晩、階段を下りようとした妊婦は誰かに背中を押されて落ちて流産してしまった。自分を落とし子供を殺したのは誰だ、恨んでやる…という母親の怨念が込められている──という説も。

 * * *
 この遊びの鬼にだけはなるもんじゃない。キツすぎる。

 手で目隠しをして輪の中央に座る段階で、まわりの子供たちから遮断される。ひとりぼっち感、ハンパない。

 みんなは手をつないで立っているのに、自分だけ座っているという高低差も屈辱だ。

 一刻も早く鬼の境遇から抜け出したい。ズルをして薄目を開けて、友達の靴を見れば、「後ろの正面、だあれ」は百発百中、当たる。

 が、そうすると、「なんでわかったんだ」とズルを疑われて、問い詰められる。

 それだけじゃない。鬼のしゃがむ姿勢が、私たちの世代からダメになってきた。和式トイレに座るあの格好をするとすぐにひざが笑い、太ももはパンパン。

 地方のサービスエリアのトイレで空きがあると、必ずといって和式だ。作った当時はそれなりの理由があったのだろうけど、今や足踏みしてガマンしてでも、和式は使いたくない。

 それにしてもなぜこの童謡が今に伝わったのか。私は人の心の奥底に潜む、誰かをいじめたいという薄暗い欲望が隠れているような気がしてならない。

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

最終更新:9/20(金) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事