ここから本文です

小島健輔が解明『在庫はどこに持つのが正解か』

9/20(金) 5:00配信

商業界オンライン

 国内ユニクロの坪当たり在庫が18年8月期末で唐突に2.4倍に膨らんだ時は驚いたが、これは在庫計上基準の変更によるもので、それにより店舗在庫の1.5倍も国内倉庫に積み上げていることが分かった。「ダム型サプライ」のユニクロならさもありなんという備蓄率だが、他の大手チェーンではどうなのか。ECも絡んで在庫はどこにどんなバランスで持つのが正解なのだろうか。

国内ユニクロの在庫急増事件

 ファーストリテイリングは18年8月期末から国内ユニクロ/ジーユーの在庫計上基準を変更したが、SPAの在庫会計としては耳を疑うものだった。

 同社決算説明会資料によれば、『従来は国内倉庫から店舗へ商品を出荷した時点で在庫としてBSに計上していたが、18年8月期末より商社との契約の一部変更に伴い、海外から国内倉庫に到着した時点でBSに計上するように変更した』と説明されているが、これでは物流過程の在庫管理を商社に依存していたと受け取れる。事実、大和ハウス工業と組んだ有明倉庫プロジェクトが混乱の果てに行き詰まった時、ユニクロの担当執行役員は『物流パートナー企業に業務を丸投げしていたため、現場の状況もサプライチェーンの全体像もつかめてなかった』と吐露している。

 アパレル生産のプロたる“匠”を海外の工場に張り付けてもの作りのプロセスを極めているユニクロが工場から店舗までの物流を外部に丸投げしていたとは信じ難いが、同社がそう言っているのだから間違いあるまい。リードタイムの長い大ロット海外生産ゆえ、店頭投入の数カ月も前に製品が到着して国内倉庫に積み上げられるケースも少なくなかったようだ。

 海外生産品物流の似たような外部依存は量販店業界では一般的だし、SPAといわれるアパレル事業者でも物流の商社依存は珍しくないが、まさかユニクロがまだ脱却できていなかったというのは驚きを持って受け取られたに違いない。

 この計上基準変更により、ユニクロで813億円、ジーユーで110億円、計923億円も期末在庫が増え、ユニクロの坪当たり在庫は81.5万円と一気に2.4倍にも膨れ上がった。旧基準では5.2回だった商品回転も2.17回に急落したが、これが補給在庫を消費地倉庫に積み上げる「ダム型サプライ」の実態値と思われる。

 同様な「ダム型サプライ」が指摘される良品計画(19年2月期)の商品回転も単体では4.95回転だが連結では2.44回に落ちるから、ソーシング系連結子会社が補給在庫を倉庫に積み上げていると推察される。良品計画でソーシング系連結子会社が担う役割をユニクロでは外部の商社が担っているのだろう。

 とまれ、基準変更によって2つのことが露見した。1つは物流の外部依存とサプライチェーンからの乖離、1つは在庫の配備バランスだ。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 5:00
商業界オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい