ここから本文です

日本初の無料給水アプリ「MyMizu」iOSベータ版を公開

9/20(金) 11:35配信

オルタナ

現在、海洋に放棄されたプラスティックのごみが、海洋生物を危機にさらしていることがクローズアップされている。その中で、一般社団法人Social Innovation Japan は、9月20日に日本初の無料給水アプリ「MyMizu」 (ベータ版)を一般公開した。(オルタナ編集委員=高馬卓史)

「MyMizu」はペットボトルの利用を削減し、日本中に持続可能な環境を目指すムーブメントを巻き起こすことをミッションとしているスマートフォン用アプリだ。iOS限定だが、世界中でダウンロードが可能だ。

この無料給水アプリ開発の背景には、日本がペットボトル生産国として世界第2位であり、毎年220億本以上のペットボトルを生産し、さらには、国内のリサイクル技術やインフラは世界的に高水準であるにも関わらず、生産されるペットボトルのうち、約26億本がリサイクル回収されず、ごみ化している現状を変革したいという想いがある。

そこで、「MyMizu」は、日本全国にある水飲み場などの公共の水源および登録パートナー(カフェやレストラン、コワーキングスペース、ホテル、ショップなど、現在は20カ所以上)を含む8,000カ所以上の給水スポットとユーザーを繋ぎ、使い捨てのペットボトルなどを購入するのではなく、私物の水筒やボトルでの給水を可能とすることを実現した。

「MyMizu」アプリを通してユーザーは以下のことが可能になる。

1)国内で8000点以上の給水スポットを検索できる
2)新しい場所を発見できる(カフェ、レストラン、ホテルなど)
3)ペットボトルの消費を削減できる
4)新たな給水スポットの登録ができる

MyMizuに給水スポットとして登録した店舗は無料で以下の利点を享受できる。

1)ブランドイメージの強化
2)来訪客の増加
3)より持続可能である街づくり

日本は、2020年東京オリンピック・パラリンピックを通じ、今まで以上に世界から注目を浴びている。その今だからこそ、「MyMizu」は日本もサステナビリティに真剣であることを証明するひとつの機会を与えてくれそうだ。

最終更新:9/20(金) 11:35
オルタナ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事