ここから本文です

1本360円の食パンで超幸せな気分。荻窪駅前の街パン屋さん『Honey』の「もちもち角食パン」がスゴい!

9/20(金) 12:00配信

食楽web

 生クリームやバターをたっぷり使った高級食パンの専門店が大ブームです。最近はとくに店名のインパクトで注目を浴びる店が多く登場し、2斤で1000円前後とかなりお高いのに、連日行列&数時間で完売など、何かと話題を呼んでいます。

 しかし、街の小さなパン屋さんにだって、美味しい食パンはあります。しかも1斤200円くらいとリーズナブル。きっとアナタの街にもオススメしたい美味しいパン屋さんが1つや2つあるのではないでしょうか。今回は、そんな街のパン屋さんの絶品食パンをご紹介したいと思います。

一度買ったらやみつきになる『Honey』の食パン

 ご紹介するのは、荻窪の駅前の小さなパン屋さん『Honey』です。ここの「もちもち角型食パン」は1本360円と、高級食パンに比べると半値以下ですが、その美味しさは、リーズナブルだからといって負けていません。

『Honey』は荻窪駅から徒歩1分の場所にあります。朝9時にオープンするやいなや、駅を利用するビジネスマン、OLさんたちもひっきりなしに入店していきます。皆さん、サンドイッチや惣菜パンを購入しているので、きっとオフィスで食べる朝食、昼食用なのでしょう。

 筆者が初めてお店を訪れた時は、サンドイッチ人気No.1の「世界一おいしい!? 野菜たっぷりたまごサンド」(380円)を買いました。もちろん手作り。これが絶品でした。ゆで卵とレタス、トマトといったごく普通の具材なのですが、食べると一目瞭然。いや、一味瞭然! パンがとびっきり美味しいんです。1回でハマりました。

 この日を境に、毎朝、サンドイッチを買うようになってしまったのです。毎日10種類のサンドイッチがあり、野菜の素材を生かしたシンプルな味付けだから、毎日食べても飽きないのです。

 また別の日、朝だけでなく、夕方にも立ち寄って、気になっていた食パンを買ってみることにしました。ちなみに食パンは3種類。「もちもち角食パン」「Honeyの山食」「全粒粉入り食パン」です。

 ここで売っているパンはすべて、北海道産小麦100%。マーガリンなどの加工油脂、香料、保存料、着色料をほぼ使わずに手作りしています。特に食パンは、卵すら不使用なんです。「もちもち角型食パン」に至っては、バターや植物性のオイルも使用していないという徹底ぶり。

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 12:00
食楽web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事