ここから本文です

オレンジがかった朱色の花が鮮やかなフシグロセンノウ、花をよく見ると――

9/20(金) 13:50配信

YAMAKEI ONLINE(ヤマケイオンライン)

フシグロセンノウは山地の林内に生える多年生草本だ。高山に咲く花ではなく、高山の下山後やアプローチの途中などで見られ、暗い林の中に燃えるようなオレンジがかった朱色の大きな花が目立つ。

【画像】フシグロセンノウの花のアップで見ると、花の中心に花が!?

ナデシコ科の花らしく、大きく美しい花が特徴だ。花は直径5~6cm、5弁で花弁は深く切れ込まない。蕾もかわいい姿だ。茎は直立し、草丈は50~80cmほどの大きさだ。

おもしろいのは花の内側に、もうひとつ花のような形状のものがあること。あまりに小さいので、よく見ないと気が付かないので、ぜひアップで見てみよう。

花名の由来は1つではない。センノウの花は、昔中国から伝えられたと思われる観賞用のナデシコ科の植物のことだ。花がそのセンノウに似ていて、節(茎に葉が生えている部分)がややふくらみ、紫黒っぽいことから名付けられたと言われている。また、京都の仙翁(せんのう)寺で最初に見いだされたからという説もある。

フシグロセンノウは、色々と不思議がある花なのである。植物観察のおもしろいところは、小さな発見があることだ。フシグロセンノウにも、新しい発見がまだまだありそうだ。

---------
高橋 修
自然・植物写真家。山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。
---------

自然・植物写真家 高橋修

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事