ここから本文です

ヤンキースに衝撃… 18勝右腕ヘルマンが離脱、DV規定違反で制限リスト入り

9/20(金) 11:21配信

ベースボールチャンネル

勝率. 818はリーグトップ

 ニューヨーク・ヤンキースのドミンゴ・ヘルマン投手が、家庭内暴力(DV)規定違反で離脱することが19日(日本時間20日)、分かった。米公式サイト『MLB.com』が同日、伝えている。

【動画】左腕サバシアがついに決めた!通算3000奪三振達成の瞬間

 ヘルマンは、MLB機構のDV規定に違反したとして制限リストに入ったことが判明。同サイトによると、現在はまだ調査中の段階にあり、詳細までは判明していない。この件に関し、ヤンキースはMLBのDV規定を支持するとの声明を発表。ヘルマン自身の声明はまだ発表されていないが、数十試合の出場停止処分となる可能性が高い。

 過去には、DV規定違反でヒューストン・アストロズのクローザーを務めるロベルト・オスーナ投手が75試合、シカゴ・カブスのアディソン・ラッセル内野手が40試合の出場停止処分を下されている。そのため、処分が決定すれば長期離脱がほぼ確実となる。

 シーズン終盤にして衝撃の離脱となってしまったヘルマンは今季18勝4敗、防御率4.03、143回を投げて153奪三振と大ブレイク。時には救援も担当しつつ、ルイス・セベリーノ投手らが離脱していたヤンキース先発陣を大きく支えていた。

 また、懸念されるのはこれからのポストシーズンへの影響だ。現在はヘルマンがポストシーズンで投げられる保証はなく、制限リスト入りしたままだとチームの勝ち頭が不在のまま大舞台に臨むことになる。

 セベリーノが復帰し、田中将大投手やジェームズ・パクストン投手、J.A.ハップ投手らが集うヤンキースローテだが、大半が防御率4点台後半と不調。そのため、ヘルマンの離脱は先発陣の弱体化にも繋がり、リリーフに頼る展開が増えることも予想される。

 加えて、ヤンキースは主砲アーロン・ジャッジ外野手が守備の際に肩を痛め、19日(同20日)のロサンゼルス・エンゼルス戦のスタメンから外れた。ゲイリー・サンチェス捕手も戦列を離れているだけに、投打の主力を欠いたままレギュラーシーズンを終えてしまうかもしれない。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/20(金) 11:21
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事