ここから本文です

ハリケーンを生き残ったクモの一種は、より「攻撃的」な性格に進化する

9/20(金) 12:03配信

WIRED.jp

大型ハリケーンがメキシコ湾岸や大西洋岸に上陸し、ほとんどの人々が進路から避難しようとしていた2018年の夏。そのときジョナサン・プルイットは人々とは逆に、被害が予想される場所へと向かう最終フライトを逃すまいと躍起になっていた。

刺されると激痛! ハリケーン後の米国東部を襲った「巨大蚊」の正体

現地に到着した彼はピックアップトラックを借り、ハリケーンの直撃が予想される地域へとクルマを走らせた。ハンティングのためだ。

ハリケーンが上陸するまでの数日間。彼は水路にしだれかかる木々のある場所をくまなく探した。枝を間近で調べ、薄気味悪いクモの巣で覆われた枯葉の塊を捜索したのだ。

そこで目当てのものを見つけると、巣の上に紙切れを落とし、改造した電動歯ブラシを使って紙を振動させ、生きているかのようにピクピク動かした。そして、紙切れを獲物と思い込んで群がってくるクモを数えた。

彼はなぜ、わざわざカナダ内陸部の快適な自宅を離れ、カテゴリー5のハリケーンがまっすぐに向かってくるなか、悠長にクモの巣を揺らしていたのだろうか。それは“科学”のためだ。

性格が真っ二つに分かれるクモ

クモは単独で生きる性質をもっている。世界に約4万種いるクモのうち、協力して獲物を捕らえ、半透明の子グモたちを育てる集団生活をするのは20数種しかいない。

ヒメグモ科のアネロシムス・ストゥディオスス(Anelosimus studiosus)は、そんな変わり種のひとつだ。ひとつのコロニーに最大で数百匹のメスが暮らす。この種のクモが分布する米国の州は、毎年夏から秋にかけて大西洋上で発生した暴風雨が猛威を振るう地でもある。

カナダのオンタリオ州にあるマクマスター大学で進化生態学を研究するプルイットは、動物社会の形成と崩壊を研究しており、同業者の間では「クモの性格」のエキスパートとして知られる。いわば、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)と呼ばれる性格検査を開発した心理学者マイヤーズとブリッグスのクモ学者版だ。

プルイットは数年前、アネロシムス・ストゥディオススに、2つの明確に区別できる性格タイプが存在することを明らかにした。大胆で攻撃的か、シャイでおとなしいかのいずれかだ。どちらのタイプのクモも、両親の性格形質を受け継いでいた。

大胆なほうのクモは、襲撃を仕かける兵団のように網にかかるものなら何にでも突進していく。シャイなほうのクモは、獲物が勝手に網にからまるのをのんびりと待つ。何匹か逃げられたところで、どうってことはない。けがをしなくて済むのだから。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 12:03
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事