ここから本文です

5種のバラと黒のカラーを使った玄人好みのブーケ

9/20(金) 11:18配信

家庭画報.com

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー

広島市にある花店「fleurs tremolo」(フルール トレモロ)のオーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。

・今日はどんな花?素敵な花のある暮らし「365日の贈り花」

今日の贈り花

花市場のスタッフからの依頼で、産地訪問でお世話になったバラの生産者さんへお礼のブーケを贈りました。花のプロからプロへの贈り花ですから、何かこだわりのある花選びをと考え、とても魅惑的なバラを5種用意しました。

この妖しくも美しいバラを生産しているのが、今回お世話になったという長野県下伊那郡の「堀木園芸」さん。ご自身で生産されたバラがどのように贈られるかを実際に見ていだたくのも楽しいし、今後の生産の参考にしていただければと考えました。

堀木さんは私のフェイスブックをよくご覧くださり、黒の花が登場すると反応があるので、きっと黒がお好きなのではと想像しました。そこで、つややかな黒のカラーを加えて、全体を華やかで妖艶な感じに仕上げました。

ニュアンスのある花色のバラは存在感があるので、1、2種使うだけでも十分その個性を生かせます。5種集めたのは特別バージョン。個性的なバラを、黒のカラーというさらに個性の強い花でまとめています。このブーケの隠れた主役は、黒のカラー!

それにしても「堀木園芸」さんから届いたバラの鮮度のよさ、クオリティの高さにはいつも感心させられます。フォトギャラリーで堀木さんオリジナルの5品種をすべて紹介しますので、アップでそのすばらしさをご観賞ください。

使用花材

バラ ギブイットオール、オールウェイズオンユアサイド、シャドウオブザデイ、バイアモーメント、ジャパネスクオータムルージュ
カラー メモリーズ
ガレギフォリア
ルビーグラス
テマリシモツケ ディアボロ

贈り花のヒント

せっかく花を贈るなら、相手の好きな色を使って喜んでいただきたいもの。でも、直接「何色が好きですか?」と尋ねることはなかなかできません。

そんなときは、洋服や持ち物などを観察して、好みの色を探ってみてください。好きな色がわからない場合は、着てほしい洋服やバッグなど小物の色を想像してみてください。相手の方について、あれこれと想像をふくらませる時間も花贈りの楽しみのひとつです。

●藤野幸信/Yukinobu Fujino
広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs tremolo」(フルール トレモロ)オーナー。

写真/藤野幸信 編集協力/高梨さゆみ

最終更新:9/20(金) 11:18
家庭画報.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事