ここから本文です

プロトの新型KATANAカスタムはゲルザブ内蔵シートのツーリング仕様

9/20(金) 17:31配信

WEBヤングマシン

KATANA Meeting 2019で新作カスタムも続々

2019年9月15日開催の「KATANA Meeting 2019」では、パーツメーカー各社による新型KATANAの最新カスタムも展示。ここではプロトのデモ車を公開しよう。

【写真をまとめて見る】

MRAのスクリーンで防風性もアップ

プロトの新型KATANAカスタムは、ロングツーリングに心強いMRAスクリーンやゲルザブ内蔵の特製シート、絶賛発売中のアクラポヴィッチの政府認証スリップオン、10月上旬に発売予定のフェンダーレスキット、それにブレンボとコラボしたスペシャルなブレーキまわりなどで足まわりを固めていた。また、KATANA Meetingの会場ではプロトがプロデュースするIGAYAの大型ツーリングバッグも積載してKATANA旅の楽しみ方を提案していた。

【PLOT KATANA 2019年9月15日撮影】座り心地だけでなく足つき性も向上。EFFEXローダウンCOMPキット20mmダウンはローダウン+サイドスタンドで1万9800円(税抜き)だ。

アクラポヴィッチのスリップオンチタン(税抜き10万8000円)はJMCAの政府認証品で車検に対応。ノーマルの特性を活かしたまま、軽量化とレーシーなスタイルを実現してくれる。なお、KATANAのほかにGSX-S1000/Fにも装着することが可能だ。

フロントブレーキは、ブレンボのGP 4RXニッケルコート(税抜き22万円)をプロト製のラジアルキャリパー用オフセットカラー(税抜き4000円・10月上旬発売予定)を使って装着。それにスウェッジラインのステンメッシュブレーキホース「Swage-PRO」(税抜きフロント3万3900円、リヤ2万6100円)を組み合わせている。

ブレンボの19RCS CorsaCortaブレーキマスター(税抜き5万8000円)で操作系も完璧に仕上げている。

ナンバープレートをノーマルのスイングアーム上からテールカウル下に移設できるフェンダーレス。プロト製で価格は税抜き1万5000円。10月上旬のデリバリー予定となっている。

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 17:31
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事