ここから本文です

イメージはタキシード!フィアット創業120周年を記念した500と500Cの限定車が登場

9/20(金) 18:26配信

Auto Messe Web

 そして今回、創業120周年を祝うイベント「FIAT GOLDEN HEAT」が9月20日(金)から23日(月・祝)まで東京・青山で開催されている。

 会場には120周年記念限定車「500 / 500C 120th Tuxedo(ワンハンドレッド・ トゥウェンティース・タキシード)」を展示。販売台数は、500 120th タキシードが限定185台、500C 120th タキシードは限定100台となっている。

「500 / 500C 120th タキシード」は、フォーマルな場で着用するタキシードにインスピレーションを受けたモデルとして、3層仕上げのパールペイント、アイスホワイトをベースに、ルーフやピラー、ドアミラーをブラック仕上げとしたビコローレ(2トーン)のボディカラーを取り入れている。

 また、外装で特徴的なのが、ブロンズのクロスメッシュデザインを採用した専用16インチアルミホイール。Bピラーには専用120周年記念バッジが装備され、特別な1台であることを主張している。

 FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム代表取締役社長は「現行モデルのフィアット500は、2007年にデビューをしてから200万台以上が生産されています。日本には2008年に導入され、これまで4万8000台を超える500が日本全国に納車されています。2014年には年間販売台数の記録更新となる4650台を達成し、今年も同じ勢いで売れています」とコメントした。

 会場にはフィアットから招待された関係者も出席し、「輸入車なのに庶民くさいところがあって愛着がわく」「フィアットの歴史を現行モデルを通じて感じ取れる」といったフィアット愛に満ちたコメントを会場で聞くことができた。

 120周年というないが歴史にさらに研賛を重ね革新のクルマ造りを続けるフィアットらしいイベントだった。

【開催概要】
展示日時: 9月20日(金)~ 23日(月・祝) 11:00-20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F) 東京都港区南青山5-6-23 ※入場無料

2/2ページ

最終更新:9/20(金) 18:26
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ