ここから本文です

【シュートボクシング】16歳の新女王・女神が後楽園ホール初登場、韓国人ファイターと国際戦

9/20(金) 12:17配信

ゴング格闘技

2019年9月28日(土)東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2019 act.4』の追加対戦カードが発表された。

【写真】女神必殺の槍のような顔面前蹴り

 16歳の新女王・女神(TIA辻道場)が後楽園ホールに初登場、イム・へヒャン(韓国)とプロで初の国際戦を行う。

 女神は、7月に開催された女子格闘技の祭典『Girls S-cup 2019』での「SB日本女子ミニマム級王座決定トーナメント」でプロデビューし、1回戦でNJKFミネルヴァ・ピン級王者MARIに判定勝ち、決勝でSB日本女子ミニマム級1位MISAKIにTKO勝ちして、わずか2戦目でSB日本女子ミニマム級王者となった。

 その後、8月の大阪大会では韓国の“モンスタートラック”キム・ヘミンから右ストレートのカウンターでダウンを奪って大差の判定勝ち。プロ3連勝を飾っている。

 対するイムは7勝4敗の戦績を持つ36歳。詳細は不明だが、アグレッシブなファイトスタイルだという。

 高度な技術と女子離れした攻撃力を持つ女神は、格闘技の聖地・後楽園ホールでも大きなインパクトを残すのか。今後、女子格闘技界を引っ張っていく存在と目されており、その試合内容に注目が集まる。

最終更新:9/20(金) 12:17
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事