ここから本文です

オートキャンプが10倍楽しくなる! ハッピードライブに欠かせない車載用カジェット5選

9/20(金) 18:40配信

Auto Messe Web

手軽で便利がキーワード

 オートキャンプは、道中のドライブも楽しみのひとつ。みんなでわいわいドライブしながら目的地へ向かうのは最高ですよね。今回は車内でハッピーに過ごすためのグッズについて、モデル兼リポーターで湘南SUPガールを務める芳美リンさんに紹介してもらいましょう。

ハッピードライブに欠かせない車載用カジェット5選【画像】

定番中の定番「USB充電ソケット」

 車内では音楽を聞いたり、ナビを使ったりとスマートフォンの使用頻度が多くなりますよね。そこで困るのが“スマホの電池“。キャンプ場に着くまでに残量が足りなくなることも多いので、ドライブをしながら充電することをオススメします。私は、2つ同時に充電できるものを利用していますが、人数に合わせてUSBソケットの多いタイプを選ぶのもいいでしょう。

 例えば、USBソケット口が複数あると、スマホ、スピーカー、扇風機など、移動中にたくさん充電できてるので効率的。価格も1000円~で買えちゃうからとっても便利ですよ。

一台で4役をこなす扇風機

 クルマを駐車するとき、アイドリングストップがマナーとはいえ車内はもわっと熱くなりますよね。そこで必要になってくるのが、コチラの扇風機。充電タイプの扇風機ならばエンジンを止めても使用出来るので便利で嬉しいですね。

 機能としては、扇風機、ランタン、ライト、モバイルバッテリーの4機能を搭載。扇風機の風圧を「強」にしても、約4時間稼働し、「弱」で12時間も稼働してくれるから、交互に使っても一夜くらいは平気。価格は5000円程度と、コスパの高いアイテムです。

 車内でも、キャンプ場でも活躍間違いなし。ライトと一体型になっているのも便利なので、ぜひオススメしますよ。

テントでも車中泊でも役に立つネックピロー

 長距離のドライブの時にはパーキングで仮眠を取ることもありますよね。そんな時、ネックピローがあれば、疲れをより低減してくれます。

 飛行機やバスなどに持参するのは当たり前になっていますが、自分のクルマでお出かけするときは忘れがち。移動中に仮眠を取る時、ネックピローがあれば、首を痛めるリスクも軽減。適度な睡眠を取り、疲れを残さずアウトドア旅へと向かいましょう。もちろん、テントでの就寝時にも使えるので、持参することをオススメします。

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 18:40
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事