ここから本文です

『なつぞら』第150話では、泰樹(草刈正雄)が最近穏やかになったと剛男(藤木直人)が話す

9/20(金) 8:20配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。9月21日放送の第150話では、泰樹(草刈正雄)が最近穏やかになったと剛男(藤木直人)が話す。

【写真】何かを見ている剛男(藤木直人)

 千遥(清原果耶)の離婚が認められた第149話。第150話では、剛男は、父の手紙が咲太郎(岡田将生)となつ(広瀬すず)と千遥の3兄妹全員に行き届いたことを知り、父の想いが3人に受け継がれたのだと感じる。一段落し、仕事に戻らなければならないなつは、剛男に、夏休みになったら優(増田光桜)と千遥と千夏(粟野咲莉)を連れて遊びに行くと約束する。そんな時、剛男は、最近十勝では泰樹(草刈正雄)が穏やかになったと話す。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、中川大志、岡田将生、井浦新、染谷将太、渡辺麻友、川島明、比嘉愛未、貫地谷しほりらがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/20(金) 8:20
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事