ここから本文です

婚活中アラサーの片思いアプローチ法(自己流ですが)を実践!【30代ジーコの、本気で婚活!Vol.33】

9/20(金) 22:40配信

集英社ハピプラニュース

こんにちは。婚活1年目にしてやっと好きな人ができたものの、その好きな日人というのが男友達なので、日々右往左往しているジーコです。ちなみに現状は「脈アリな気がしないでもないけど全然分からん」というのが正直な感想。「誘うと遊んでくれるし、連絡も返って来るし、これはいけるのでは?」という気持ちと「でも誘うのも連絡するのもこっちからだし、ダメなのでは?」という気持ちが交互に襲ってくる…! どうすればいいんだ…! と思ってはいるものの、「何もできないよぉ」なんて甘えたことを言ってる場合じゃないので、とりあえず思いついたことを片っ端から試してアプローチしています。前に「結果が出たらお知らせします」とか言ってたけど、やっぱとりあえず経過も書くことにしました。無事付き合えた時には、どれが効いたか確認しようと思っておりますので、とりあえずお読みください。いや、付き合えなくても効果の程は確認したいな…。後学のために…。

その婚活モテのイメージ、実はもう古いんです!今となってはNGな8つのタイプの女性

ということで実践しているアプローチ&姑息な行動(笑)はこちらです。相手が「恋愛に奥手」「恋愛にあまり自信がない」(ご本人談)であるという前提がありますので、それを踏まえてお読みください。前々回のやるべきことリストの「2. 友達ではないということを遠回しに伝える」「3. 相手にも好きになってもらう」のためのものです。

1. 婚活中であることをしっかり伝える

これ、いちばん最初にやっておくべきだなと思ったんですよ。もしも、もしもこの先付き合えたとしても、ふわっと付き合い始めちゃって、相手に結婚願望なしとかだったらお互い悲しい結末を迎えてしまうから…。悲劇…。「付き合うなら絶対結婚しろよ!」とは言わないけど、やっぱりある程度考えてもらえる相手とお付き合いしないとタイムロスだものね…。

それに、おそらくだけど、「結婚願望ゴリゴリあります」って意思表示は、付き合ったあとにはしにくくなると思うんでうよね。先に言っておくほうが安心安全。あと、「私は今恋愛&結婚の相手を探しております!」というアピールもできるし。「フリーやぞ」および「のんびりしていると他に相手が見つかっちゃうかもしれないけど、そこんとこどう?(発破)」アピールです。

2.「デート」という言葉を使って誘いまくる

「できれば相手から誘って欲しい…」という気持ちは、もちろんあります。でもね、そんなこと言っている場合ではない! 相手のアクション待ちをしている時間はない! しつこすぎない程度にアプローチしてダメな相手なんて、待っててもどうせダメだろ! 早めに結果がわかるほうがお得! と、自分を洗脳して、エイヤっと「デートしよ」って送ります。最後は気合。私は目標に向かって巻きで向かうのか。もしかすると「正気か?」って思われるレベルで誘ってる気もするけど(といっても多くて週2ペース)、仕方ないんだ。

「デート」という言葉を使ってるのは「友達として誘ってるわけじゃないですよ」というアピールのつもりなんですけど、どうですかねえ。遠回し過ぎますかねえ。まぁとにかく「友達感」をなくさなきゃいけないので、できることは全部する!

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 22:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事