ここから本文です

「ぼくは彼が怖い」 41歳になったオードリー若林の「一番つぶしたい男」とは?

9/20(金) 11:00配信

文春オンライン

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、きょう9月20日、41歳の誕生日を迎えた。この1年は、若林にとってさまざまなことがあった。中学・高校の同級生である春日俊彰と組むオードリーとしては、ラジオのレギュラー番組『オードリーのオールナイトニッポン』の10周年を記念して、昨年より全国各地をまわるライブツアーを実施、今年3月には日本武道館で3時間半ものライブを行なった。武道館ライブのクライマックスでは、春日と二人きりでステージに立って漫才を披露する。終わって暗転した途端、会場中から拍手喝采が起こった。若林はこのときの感想を、《オードリーの物語があったとして、中学2年の出会いの場面から始まるとしたら、本当にここで終わっても全然良かった》と記した(※1)。

【写真】オードリー若林さんの写真を見る(全5枚)

「ぼくが一番潰したい男のこと」

 武道館ライブの翌月、春日がテレビ番組で11年交際してきた女性にプロポーズした際には、若林もその場に立ち会い、号泣した。さらに6月、若林とかつて「たりないふたり」というユニットを組んでテレビ番組や漫才ライブを一緒にやった仲である山里亮太(南海キャンディーズ)が女優の蒼井優と結婚する。若林は、結婚発表のあったその週の『オールナイトニッポン』で、非モテキャラで売っていた山里について、「きょうはうれしい。もう営業妨害にならないから、めちゃめちゃモテてたこととかも言っていいんだもんね」などと、ちょっとひねった形で祝福してみせた。

 昨年、若林は、山里が旧著に大幅加筆・修正して文庫化した自伝『天才はあきらめた』に、「ぼくが一番潰したい男のこと」と題して解説を寄せた。山里への嫉妬をあらわにしながらも、愛情に満ちたその解説文の終わりがけ、若林は《彼が、[引用者注:相方のしずちゃんやライブの観客などに対する]愛をさらに膨らまし伴侶を見つけでもして、人情系あったかMCになるのがぼくは怖い。/それだけは、阻止しなければならない。/みんなで監視しないといけない》と書いていた(※2)。山里が現実に伴侶を得たいま、若林はますますこの思いを強くしているのではないだろうか。

1/3ページ

最終更新:9/22(日) 9:24
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい