ここから本文です

税の徴収やインボイスに使われ始めている ブロックチェーン技術実装で中国が先行する理由

9/20(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

ブロックチェーン技術で国際送金は激変する。フィリピン─香港間の送金サービスの発表会で(ロイター/アフロ)

<2019年9月28日号> 数年前、中国で一獲千金を夢見る人々が仮想通貨ビットコインの取引やマイニング(発掘)に殺到したことを覚えておられる方も多いだろう。中国人民銀行(中央銀行)がICO(Initial Coin Offering、仮想通貨発行を通じた資金調達)を禁止してから、中国における仮想通貨のブームは急速に終焉に向かったが、一方で仮想通貨の発行に使われるブロックチェーン技術の応用や社会実装は着々と進んでいる。 本文:1,389文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

梶谷 懐 :神戸大学教授

最終更新:9/20(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る