ここから本文です

『「家族の幸せ」の経済学』ほか 『精密への果てなき道 シリンダーからナノメートルEUVチップへ』

9/20(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

ナノの次は1兆分の1、飽くなき精密追求の歴史評者・福井県立大学名誉教授 中沢孝夫
<2019年9月28日号> ナノの次は1兆分の1、飽くなき精密追求の歴史
評者・福井県立大学名誉教授 中沢孝夫
「精密さ」を追求し続けた“人類の”というか“工学の”歴史を、工作機械をはじめとして、具体的な技術開発や、その開発(発明)に取り組んだ人物の奮闘、時代背景とともに記した1冊。

精密さ、とは「許容される基準値との誤差」(公差)を限りなく小さくする営為である。

例えば、旋盤は古代エジプトで発明されたが、18世紀末に英国で開発された現代の工作機械の先駆の公差は0.0025ミリメートル(1万分の1インチ)であったという(むろん、公差を測る機器も開発されていた)。これは1マイクロメートル(100万分の1メートル、1ミクロン)の2.5倍だが、現代でも十分に通用する数値である。評者が1990年前後に、ものづくりの職場調査を始めたころ、ミクロンレベルの加工というのは精密さの代名詞であった。 本文:3,762文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:9/20(金) 23:55
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る