ここから本文です

欅坂46、東京ドーム追加公演レポート 封印を解き放ち5万人を熱狂の渦へ

9/20(金) 17:47配信

Rolling Stone Japan

欅坂46が9月18日、19日、〈夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム〉を開催した。これは、全国5都市で12公演を行い総動員数17万人4千5百人を記録したツアーの追加公演。本記事では、2日間で10万人を熱狂させた本公演の模様をお伝えする。

写真23点:もっとライブ写真を見る

会場は、正面に2階構造のメインステージ、そして中央にセンターステージが十字型に伸びていた。開演前から、メインステージに道路標識を模したオブジェのみが照らされ、これから何が起こるのかという観客の期待と熱気に包まれていた。

18時5分過ぎ、菅井友香、上村莉奈、原田葵の影ナレが始まると会場が一気にサイリウムの光で緑色に染まる。菅井の「最終日行くぞー!」と叫ぶと、それに負けない程の大歓声が起きライブが始まった。光の中に平手友梨奈の姿が現れると、メインステージの様相がそこでようやく露わになる。崩れ落ちた遊園地や自動車の残骸の前で、彷徨うように虚ろな顔で歩く平手。何かをすくいあげた後、1筋の光に照らされた2階のピアノの前に立つと、ゆっくりと鍵盤を押した音を合図に「Overture」へ。緑の光が大歓声と共に勢いを増し、うねりへと変わっていく。

メインステージ2階にメンバーが登場すると、1曲目「ガラスを割れ!」へ。サイリウムは赤く変わり、炎が立ちのぼる中、会場のボルテージも燃え上がっていく。そして、メンバー全員のダンスパートから、「語るなら未来を…」へと続く。道路標識とリンクしたパフォーマンスで、繰り返す日常から抜け出したいと言うメッセージを表現する。センターステージに降りると「Student Dance」へ。メンバーが持つスマホの映像がスクリーンで流れるという演出も。撮る側と撮られる側が入れ替わるそのパフォーマンスに観客は見入った。さらにセンターステージ中央ではメンバーを囲むように噴水が高く吹き上げ、序盤から欅坂46の魅力に溢れたライブが繰り広げられる。

再び、平手1人がスポットライトに照らされると、ピアノの上で舞い踊るというパフォーマンスを魅せた。鍵盤をガーンと足で踏みつけると、その音のまま「エキセントリック」へ。タイポグラフィの映像をバックに、信号機風の照明で照らされる中、メンバーがメインステージから一瞬でセンターステージへと瞬間移動するような演出に観客からは驚きの声が上がった。

MCでは、菅井が「ついにツアーも千秋楽。欅坂46が東京ドームにやってきました! まさか千秋楽で東京ドームに立たせてもらえるとはビックリです。今日は集まっていただき本当にありがとうございます!」と語り、佐藤は「待ちに待った東京ドームに立ってまだ実感が湧いてないんですけど、改めて立ってみて…」とその想いが込み上げ声を詰まらせるという場面も。そして、昨年末に加入した2期生の松田理奈、田村保乃、森田ひかる、山崎天へバトンタッチ。1人1人、欅坂46に出会った日から今日の東京ドームに至るまでの葛藤や意気込み、感謝を伝えると、その言葉に観客は大きな声援で応えた。

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 17:47
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事