ここから本文です

MIT襲うエプスタイン疑惑の深い闇

9/20(金) 6:00配信

JBpress

 8月10日に怪死したジェフリー・エプスタインとの関係で大いに揺れるマサチューセッツ工科大学(MIT)、前回は、メディア・ラボの伊藤穣一前所長の疑惑と辞任に触れましたが、もう一つ、大いに問題になっているポイントがあります。

 すでに故人ながら、具体的な固有名詞が上がっているアカデミシャンにまつわる性的な「疑惑」です。

 渦中の中心人物はマーヴィン・ミンスキー(1927-2016)という、超ノーベル賞級といっても過言でないコンピュータ―科学のパイオニアであるため、話が穏やかではありません。

 そこでまず、「ミンスキーとは誰であるか」から話を進めていきたいと思います。

■ AIの父

 マーヴィン・ミンスキーを紹介する言葉として、生科学者でSF作家のアイザック・アシモフが「自分より聡明な人物」として名を挙げた2人のうちの1人(という逸話が語られます。

 (もう一人はカール・セーガン)

 著名人を2人並べた印象が拭えず、このエピソードには眉唾くささが感じられますが、ミンスキーが飛びぬけてスマートな人物であったことは間違いありません。

 1927年ニューヨークで生まれ、第2次世界大戦末期に軍役に就いたのち、ハーバード大学で数学を学び、1954年プリンストン大学大学院で「囚人のジレンマ」などによって知られる数学者アルバート・タッカーのもとで博士号を取得しました。

 ちなみに博士論文査読官の一人はコンピュータ―の生みの親、ジョン・フォン・ノイマンであったそうです。

 1958年から2016年に逝去するまで実に58年間、マサチューセッツ工科大学で教鞭を執りました。

 着任の翌1959年にMIT最初のAI研究機関を創設、脳の神経細胞の単位であるニューロンをモデル化した「形式ニューロン」を用いたネットワーク=今日の「ニューラルネット」の基礎をいち早く研究します。

 盟友のシーモア・パパート(1928-2016)とともに単純な入力と出力だけからなる「単層」のニューラルネット(「単純パーセプトロン」)が解決できる問題に深刻な限界があることを示します。

 このため1970年代には一時、AI研究はすっかり下火になってしまいました。

 この限界を克服するため、ニューラルネットの「多層化」が試みられ、非常にざっくり言うと、ここから今日の「深層学習」ディープラーニングにつながるAIのメインストリームが花開いていきます。

 また1986年に発表した一般向けの大著「心の社会」は世界的なヒットとなりました。

 いわば、歴史上の人物というべきコンピュータ―そのもののパイオニアが亡くなったのは2016年、いまだ3年前のことで、88歳での大往生でした。

 そんな彼が、その没後に至って、どうしてあろうことか「エプスタイン疑惑」の「性スキャンダル」で名前が挙がることになってしまったのか? 

■ エプスタインの「島への招待」

 ミンスキーの名が挙がったのは、エプスタインによって「ティーン性奴隷」的な役割を果たさせられていたとされるヴァージニア・ジュフリという女性の証言においてでした。

 ジュフリ女史は1984年生まれで現在35歳。

 1999年、15歳のとき、現在のアメリカ合衆国大統領であるドナルド・トランプ氏が経営するフロリダ州パームビーチの「マララーゴ・ゴルフクラブ」で働いているとき、エプスタインの重要なスタッフ、ギレーヌ・マクスウエル(1962-)にスカウトされ、まずエプスタイン自身の「マッサージ」を担当させられたといいます。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 6:00
JBpress

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事