ここから本文です

劇的変化を遂げたウラジオストクは愛と憎しみの町

9/20(金) 6:00配信

JBpress

 先日、東方経済フォーラム取材のためのウラジオストク出張を終え、モスクワに戻ってきた。同フォーラムには安倍晋三首相も4年連続で出席しており、経済界の大物の姿も多く、ロシアにいながらにして日本の要人と会える絶好の取材機会である。

 フォーラムは、市中心部から車で40分ほど南に行ったところにあるルースキー島の中で行われた。ルースキー島に位置する極東連邦大学のキャンパスがメイン会場であり、記者たちは、大学敷地内のホテルに寝泊りする。

 フォーラム自体は3日間あるのだが、2日目の日露首脳会談が終わると、とたんに人がいなくなる。

 そこで仕事が少ない3日目は島に閉じこもるのをやめ、マリインスキー劇場の別館を訪れて日本人バレエダンサーの取材をした。日本人が9人も活躍している国際色豊かな劇場だ。

 せっかくなので市内で昼食をとろうと、中心部に向かった。バス代は、どこまで乗っても23ルーブル(約40円)だ。

 おんぼろバスの中でふと、自分がワクワクしているのに気づいた。あと1週間くらい、ウラジオストクに残りたいとさえ思った。

 仕事をほぼ終えた開放感もあるかもしれないが、私にとってこの気持ちは、思いがけないものであった。

 なぜなら私にとってウラジオストクとは、「黒歴史」の舞台であり、自分の人生から消し去りたい存在だったからだ。

 生まれて初めて行った海外こそ、ロシア・ウラジオストクだった。

 2004年の夏、大学3年生だった私は、北方領土問題への関心がきっかけで、アルファベットしか読めない状態なのに、1か月の短期語学留学という形で現地に乗り込んだ。

 留学は大失敗に終わった。

 短期とはいえそこまで無謀な留学をしてしまった(できてしまった)のは、当時の早稲田大学と極東大学(現在の極東連邦大学)の協定による。

 早稲田から極東大へは、ロシア語が全くできなくても、簡単な志望動機を書くだけで留学させてくれ、授業料と寮の宿泊費は大学側がカバーしてくれるという太っ腹な制度があったのである。参加者は全部で十数人だった。

 早稲田の文学部には、露文専修という、知っている人は知っている有名な学科があり、多くの参加者はそこから来ていた。

 私がいたのは文芸専修というアウトローの集まりであった。念のため、私以外の参加者は、ちゃんと留学の成果が出ていたことを断っておきたい。

 留学ビザを取るには現地大学からの「招聘状」が必要だが、この招聘状が届いたのが出発間際。航空券はもう買ってしまってあり、日程は変更できない。

 ビザを緊急発行してもらうため大使館に3万円ほど払った。学生には痛い出費だ。

 大使館がビザ代を稼ぐためにわざと招聘状を遅らせたのではないかとぼやく人もいた。しかし現地に着くと、お金で解決できない問題が次から次へと沸いて出た。

 市内の中心部の寮で、我々は7階の部屋をあてがわれた。階段の「1階分」の距離が日本の階段の2倍あったので、体感的には14階分を登っているのと同じだ。もちろんエレベーターなどない。

 寮は上階に行けば行くほど「スラム」と呼ばれており、階ごとに雰囲気も設備も全く違っていた。

1/4ページ

最終更新:9/20(金) 6:00
JBpress

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事