ここから本文です

「今もっともスカウトを興奮させる存在」「クオリティーは申し分ない」ボローニャSDが冨安健洋を称賛!

9/20(金) 17:08配信

SOCCER DIGEST Web

ファンが選出する8月のMVPに選出

 今夏にボローニャに加入した冨安健洋は、8月24日に開幕したセリエAで、公式戦3試合に先発出場。右SBという新境地を切り開き、サポーター投票で決まるクラブの8月のMVPに選出されたり、イタリア有名紙が選ぶベストプレーヤーにも指名されたりと、高い評価を受けている。

【動画】月間MVPに選出された冨安を祝い、ボローニャが劇画調の特製ムービーを作成!

 そんななか、ボローニャのリッカルド・ビゴンSDが地元のラジオ局『Radio Sportiva』の番組に出演。3試合を終えて2勝1分、インテルに続いてリーグ2位タイと好スタートをきった理由を語った。

 まず、シーズン開幕前にシニシャ・ミハイロビッチ監督の白血病が発覚したことで、「チームに動揺が走ったのではないか?」という司会者の問いに、ビゴンSDはこのように回答している。

「昨シーズンから、チームとシニシャ、フロントとシニシャの関係は常に強固なものだった。ベンチに彼が座ることを認めてもらうために、あらゆる手を尽くしたよ。今は病室にいるけれど、彼がここに戻って来るために特別な処置が必要ならば、それに応じる準備がある」

 さらに、今夏の補強については「最大のサプライズ」として冨安健洋の名を挙げた。

「今シーズンの補強は、クラブとして最高の選手を維持するだけでなく、監督にさらなる選択肢を準備したいと思って進めた。

 そのなかで、もっとも“サプライズ”だったのはトミヤスだ。彼はいま、最もスカウトを興奮させる存在だし、そうなるのが普通のことだと思う。日本という非常に遠い場所のフットボール文化で育ち、昨年はベルギーで素晴らしいプレーをした。クオリティーは申し分ないと確信している」

 ボローニャは9月22日、ホームに強豪ローマを迎える。冨安のプレーには、クラブ内外から熱い視線が注がれそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/20(金) 17:28
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事