ここから本文です

<キングオブコント>ジャルジャル「持ちネタ8000本あっても、結果出さんと意味がない」

9/20(金) 11:51配信

ザテレビジョン

9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事ではジャルジャルのコメントを紹介する。

【写真を見る】「キングオブコント2019」準決勝進出の34組!

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、"コント"で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝を決めている。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

ジャルジャルは、2003年に結成。吉本興業に所属する後藤淳平(写真左)と福徳秀介(写真右)のコンビ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきたジャルジャルの“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

■ 「今まで自信がありながら、8年決勝いけてない」

――準決勝は、レギュラーといってもいいジャルジャルさん。決勝も2回進出してらっしゃるということで、今回まず準決勝まできたことに対するお気持ちは?

福徳秀介:皆勤賞。

――ほんと皆勤賞ですよね。すごいことですよね。

福徳:よかったです。とりあえず。まあ決勝いかんと意味ないんで。

後藤淳平:そうですね。毎年これるっていうのは有難いことですね。

――今回のネタに対する自信は?

福徳:8年決勝いってないんで。今まで自信がありながら、8年決勝いけてないんで。自信も何も、何もない状態です。なんで、リラックスして挑める状況です。

――なるほど。後藤さんいかがですか。

後藤:僕も、もう“無”ですね。そこに関しては。

――なるほど。お二人の中でキングオブコントっていうのはどういう位置付けでしょうか。

福徳:やっぱりほしい、結構何よりもほしいタイトルではありますね。

やっぱり持ちネタ8000本あるんで、でも結果が出てなくて8000本って言うとるだけじゃ意味ないんで。やっぱり結果出さんとね。

――後藤さんは?

後藤:そうですね。やっぱり代表作みたいなね、そういうのが欲しいですよね。それは優勝しないと、生まれないと思うんで。

――ジャルジャルさんのコントにはいくつも代表作があるようなイメージなんですけれども、ご自身たちの中では、あまり納得ができていない?

後藤:「優勝したネタ」みたいなものは、やっぱりほしいですよね。

――裏付け的というか。

後藤:はい。

■ 「M-1はよそ行きのジャルジャル。コントで結果を出したい」

――今回準決勝進出者の中で、お二人の中でライバルや、気になる方は?

福徳:かが屋。

――なぜ、かが屋さん?

福徳:個人的にちょっと好きなんですよ。

――どういうところがお好きなんでしょう。

福徳:ネタが面白いなあと思って。あと、二人とも顔おもろいなぁと思って。絶妙な顔してるなあって。いい顔やなあって思ってます。

――後藤さんは。

後藤:僕もね、かが屋が好きなんですよ。

――お二人ともなんですね。

後藤:はい。いい感じですよね。大阪でいうと、ロングコートダディ。面白いですよね。

――今回のキングオブコント出場にあたり、親しくしている先輩芸人さんにかけられた言葉などはありますでしょうか。

福徳:何も言われていません。ほんとにそれくらい僕らが“キングオブコント挑戦するぞオーラ”が出てなかったのかもしれないですね。

――それは、ご自身の中であえてオーラを出さないように?

福徳:いやいやそんなことないです。もう本気なんでそりゃ。

正直、やっぱりM-1も出させてもらったんですけど、言い方悪いかもしれないんですけど、M-1ってやっぱ“よそ行きのジャルジャル”なんで。

――たしかに、コントのジャルジャルというイメージの方が強いですよね。

福徳:ちょっと外面がいいんですよね。M-1のときには、ジャルジャル。

ほんまの内弁慶じゃないですけど、コントの部分で結果を出したいですね。

――なるほど。ではある意味、キングオブコントでは本気のジャルジャルさんが見られると。後藤さんはいかがでしょうか?同期の方でも。

後藤:特にキングオブコントに関してしゃべることは、あんまりないですね。

――では、逆に相談されたりします?それこそ、これだけ準決勝まで当たり前というコンビでいらっしゃって。

福徳:いやー、何にもないです。むしろ、GAGに相談したくらいです。「どういうネタ選びしてんの」って。やっぱ決勝いってるんで。

――どのような答えが?

福徳:やっぱり「寄席でウケるやつ」と。

――なるほど。お二人はネタ選びはどういうところで。

福徳:フィーリングです。

後藤:いろんなこと試しましたけど。第三者の意見聞いたり、フィーリングで選んだり、ウケるやつ選んだり。なかなか正解はわからないですね。

――二回決勝に行かれたときのネタ選びの方法は?

福徳:正直、時代が変わっちゃってるんで。もう8年前なんで。

後藤:覚えてないんですよ。気持ちとか。

福徳:データにはならないですよ。

――ジャルジャルさんが最後に決勝に行ってから8年も経つんですね。

福徳:時代は変わりました。笑いの質も変わってると思います。

■ 優勝賞金は「架空の子どもの高校の入学金」

――優勝賞金の1000万円を手に入れたらどうします?

後藤:「これ1000万すんの?」みたいな絵を買います(笑)。あ、1000万はあかん。500万。

――福徳さんは?

福徳:そうですね、まあ8年決勝行ってないんで、小1だった子が中3になって。で、自分の中での架空の子どもが成長していって。来年、高校なんですよ。高校の入学金払いたいです。

――誰に対して、どう払うんでしょう(笑)。では、今回のキングオブコントにかける意気込みを、お伺いできますでしょうか。

福徳:毎年言ってますが、優勝します。

後藤:今年こそは、今年こそは!ってことですね。

――漫才とコントだと、コントで評価されたいみたいなこともあったり?

福徳:どっちでも評価されたいですけど、お笑いという分野では、一緒は一緒なんで。でも、やっぱりコントでは評価されたいですね。

――そう考えると、ジャルジャルさんにとってコントとは。

後藤:まあ、得意技みたいな。

福徳:そうですね、普段のフラストレーションを発散する場。

――キングオブコントは、ストレス発散の場になっていますか?

福徳:まぁ、なっていますね。

ジャルジャルの決勝進出なるか!?そして優勝は?「キングオブコント2019」は9月21日(土)夜6:55-9:54ほか、TBS系で放送。(※一部地域は夜7:00より放送)(ザテレビジョン)

最終更新:9/20(金) 18:21
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事