ここから本文です

<キングオブコント>“霜降り明星”に追い越され…サンシャイン「売れてねぇ、悔しい!」をパワーに100本新ネタ!!

9/20(金) 8:30配信

ザテレビジョン

9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事ではサンシャインのコメントを紹介する。

【写真を見る】 「キングオブコント2019」準決勝進出、全34組

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、"コント"で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝を決めている。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

サンシャインは、2011年に結成。吉本興業に所属する坂田光(写真左)と信清淳(写真右)のコンビ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきたサンシャインの“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

■ 「いちおう“青春パンクコント”やってます(笑)」

――まずはサンシャインさんのコンビ紹介をお願いします。

坂田光:地元福岡の大学のときからの友達で一緒に出てきまして、同級生でやってます。コントも漫才もするんですけど、基本はコントで。2人とも音楽が大好きなんですけど、特に青春パンクが好きなんで…いちおう“青春パンクコント”をやってます(笑)。

信清:自分でいうのもアレですけど(笑)。よく言われたんだよね。

坂田:銀杏BOYZさん、その前身のGOING STEADYさん、あとガガガSPさん、MONGOL800さん…。あの辺の音楽を僕らちょうど食らった世代なんで。

信清:感情むき出し系の音楽を。

■ 「地獄のような日々を過ごしました」

――キングオブコント準決勝進出は何度目ですか?

坂田:僕らは3回目なんです。僕ら今9年目なんですけど、3年目のときに初めて準決勝に行けて、それって同世代で一番早かったんです。

「このまま調子よく行けるんじゃないか」と思ってたらダメで、でも5年目も行けたんですね。いい感じにルミネtheよしもとで単独ライブなんかもできて「いい感じだ!」と思ったんですけど…そこからの3年間が全然うだつが上がらない感じで結果が出なくて。

「うわ…」となって。ほぼ同期のコロコロチキチキペッパーズが優勝したり、やさしいズが決勝行ったりしてまた「うわ…っ」と…。

信清:ハナコ(2018年「キングオブコント」優勝)も同期のようなものなんです。

坂田:あと霜降り明星(2018年「M-1グランプリ」優勝)も…。

――それは…!

坂田:うわぁ、あんなに最初よかったのに…って、もう地獄のような日々を過ごして。

それで、もうキングオブコント優勝に向けて10カ月で100本新ネタ作ろう!って決心して。それを達成できまして。

そのうちの2本で今回、準決勝に来れたんです。

――10カ月で100本…平均3日で1本新ネタを作ったと。すごいですね!

坂田:コツをつかむまで、ホントに目ん玉飛んでました(笑)。ヤバすぎて。

信清:だから決勝、マジで行きたいですね。

坂田:でも僕ら“100本作る”って公言してたんで、同じ事務所とかほかの事務所の芸人さんたちの間で新ネタをプレゼントするみたいなライブもあって、「助けたい!」みたいな感じになって。

それに僕、実はことし自伝小説を出しまして。それもホントにただ「売れてねぇ、悔しい!」っていうだけのやつが原作開発プロジェクト“ノンフィクション部門”大賞をいただいて、それで本が出せることになったんですけど。

内容は生い立ちから、相方と出会って…みたいなことをずっと書いた本で。それを業界の人たちがめちゃくちゃ読んでくれたんで、それで多分、身内みたいな気分になってくれたのか、初めて今回、賞レースでライバルなのにみんなに「ガンバレ」って応援してもらったんで、ちょっと、そういう皆さんにもらった応援を勝手に背負ってます。

――ちなみに本のタイトルは?

坂田:「この高鳴りを僕は青春と呼ぶ」っていう…。

信清:なんで、ちょっと恥ずかしそうに言うんだよ(笑)。

坂田:マジかよっていうくらい、青春パンクなタイトルにしちゃいまして。

――サンボマスターの曲にありそうですね。

坂田:いやぁホントに。サンボマスターも大好きです。

――サンシャインさんの今回のネタの売り、思い入れについて教えてください。100本作られた中からどうやって選んだんですか?

坂田:1本は、2人が共通で「これが1番だろう」っていうやつで。お客さんの反応も照らし合わせて。

信清:一番僕らの“らしさ”が出るっていうか。

坂田:で、2番と3番でめちゃめちゃ悩んで…3番のほうを選びました(笑)。

――それは1番とのバランスを見て。

坂田:そうですね。

■ 「和田まんじゅうとは一騎打ちしたいです」

――ライバルや、気になる芸人さんはいますか?

坂田:やさしいズとは、ずっと一緒に2組でライブとかでやっていたこともあって、負けたくないですね。あとはネルソンズの和田まんじゅうですね(笑)。

信清:個人で指名かよ(笑)。

坂田:ええ、個人です。和田まんじゅうだけはね。僕は「悔しい」とか「勝ちてぇ!」とか言ってきたんですけど、それを和田さんが「結局口だけか」とかあおってきて。まぁ仲いいんですけど。「口だけのヤツはもうごめんだ」みたいな感じで。

また、和田さんが結果メチャメチャ出してたんで、ここは負けたくないですね。一騎打ちしたいくらいです。

信清:僕は、日ごろからめちゃくちゃお世話になってる、うるとらブギーズさん。こんな言い方はアレですけど、一緒に行けたらいいなっていう思いもあるんですけど、勝ちたいですね。

坂田:うるとらブギーズさんはホント、優勝してくれても1ミリも嫉妬ないですね。心からお祝いできる。

信清:意識はめちゃめちゃしてます、うるとらブギーズさん。

■ 「ジャンポケ斉藤さんに激アツな電話をいただきました」

――今回の準決勝進出で先輩芸人さんからかけられた言葉とかありますか?

坂田:実はジャングルポケットの斉藤(慎二)さんから急にTwitterのDMがが来て、「番号教えてくれ」って。で、お教えしたら電話がかかってきて「おめでとう」って。

僕らがネタ作り100本やってたりとか、僕の本を読んでくれてたのもあったと思うんですけど「マジでお前らが報われないと絶対ダメだ」って激アツの電話を夜中にくださって。

「俺は今回出られてないけど絶対頑張れよ」みたいなハチャメチャに熱い電話いただきました。俺、正座しましたもん。

「ありがとうございます!」って。

――それはアツい。沁みますね。

信清:僕は単独を月2回やっていくなかで1本MCを立ててやってもらってる単独もあったりして、そのMCをやってくれたのが、ダイタクさんっていう双子のコンビの方なんですけど。

ネタ決めるときも決まった後も、ネタ合わせに付き合ってくれたりもして。実際に背中を押してくれたというか、いいものを作ろうと協力してくれて。

坂田:めちゃめちゃ、よくしてくれたんです。

――そういう意味でも今回のキングオブコントは気合が入りますね。では、最後に意気込みを伺えますでしょうか。

信清:僕らのことを知らない人ばっかりだと思うので、その分、一発目で仕留めにいきたいですね。

坂田:今回、100本やったりとか本出したりとかっていうタイミングだったこともあって、まわりの人たちの応援がありがたすぎたので、その声に応えたいですね。

今、だからホント、優勝して誰かの名前叫ぼうと思うんですけど、誰の名前にしようかなって(笑)。

信清:(感謝したい人が)多すぎるからね。ホントに。それだけお力添えいただいて。お世話になった人の名前を叫ぶだけで、1~2時間くらいかかっちゃいそうですよ(笑)。

サンシャインの決勝進出なるか!?そして優勝は?「キングオブコント2019」は9月21日(土)夜6:55-9:54ほか、TBS系で放送。(※一部地域は夜7:00より放送)(ザテレビジョン)

最終更新:9/20(金) 18:23
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事