ここから本文です

<キングオブコント>昨年“準優勝”わらふぢなるお「皆、チョコプラさんしか覚えてない(笑)!」

9/20(金) 18:36配信

ザテレビジョン

9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事ではわらふぢなるおのコメントを紹介する。

【写真を見る】「キングオブコント2019」準決勝進出、全34組!

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、"コント"で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝を決めている。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

わらふぢなるおは、2010年に結成。グレープカンパニーに所属する口笛なるお(写真左)とふぢわら(写真右)のコンビ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきたわらふぢなるおの“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

■ 「去年は世間的に3位」

――まずはアピールポイントなどを、お願いできますでしょうか。

ふぢわら:結構、正統派コントだとは思うんですけど、今いないんですよね。ボケとツッコミがはっきりしてるコンビっていなくて。

口笛なるお:オーソドックスが少ないんですよね。

ふぢわら:サンドウィッチマンさんを筆頭に、ラバーガールさんとかもそんな感じだったんですけど、ちょっと今回準々決勝で落ちてしまって。なので、もう残ってるのは僕らくらいなんじゃないかなっていう感じなんですけど、まあ正統派の中に狂気も交じってるコントが推しみたいな感じですかね。

――わらふぢなるおさんは昨年決勝に進出。しかも2位という結果を残していらっしゃいますけども、そのときのご感想からお伺いしてもよろしいですか。

なるお:まあね、2本目があれだったんだよね。その悔しさがありますね。ハナコが3位だったんで。1本目のとき。追い抜かれたんで。

ふぢわら:1本目終わって暫定2位で、「これもしかしたら優勝あるな」となって。「もしかしたらこれいけるかな」と思ってたんですけど、ハナコがめちゃくちゃハネちゃって。

「あれ、ちょっと流れが違うな」と思ったらもう案の定、そのままハナコがいっちゃったんで。

なるお:そのあと、先輩2組がすべるっていう。

――いやいや、すべっては…ないです!

ふぢわら:「すべってない」っていうと、嘘になるから(笑)。

――キングオブコントならではのドラマチックな展開でしたが、だからこそ今年はリベンジをしたいのでは。

ふぢわら:また去年の話になっちゃうんですけど、ハナコが終わって、最後にチョコプラ(チョコレートプラネット)さんがネタやったんですよ。

それで、もうハナコ対チョコプラさんみたいな感じになってたんで、僕らが3位みたいなイメージになってるんですよ。

なるお:世間的にやっぱ最後の印象が強い。

ふぢわら:その構図しかみんな覚えてないんで、完全に僕らは“3位”。なんなら3位とすらも思ってないみたいな感じになっちゃってるみたいで。

いろんな番組で、わらふぢなるおじゃなく、チョコプラさんがキングオブコント2位って紹介されてたりして、ちょっとそれテレビではやめてほしいなって(笑)。

――では、「本当はわらふぢなるおが2位なんです」と、ここで強くお伝えください(笑)。

なるお:言いたいんですけど、言う場もなかなか僕らなくて。

ふぢわら:書いていただけますか。

――もちろんです。

二人:ありがとうございます(笑)!

――今回のネタに関する自信や思い入れなどをお伺いしたいのですが。

ふぢわら:1つは、ちょっといつもとは違う我々を見ていただけるんじゃないかなみたいな。

もう1つは昔のネタなんですよね。ちょっとお客さんの反応がどうなのかなっていう。ああ「見たことがあるな」みたいに、引かれちゃうとちょっと怖いなあっていうのはあるんですけど。

他の芸人もみんな言ってるんですけど、昔のネタをやるコンビは、「お客さんにはウケない可能性あるな」みたいな。

でも、僕らも好きなネタで、今のネタの中では一番面白いかなって。

■ 「2位を奪われた」

――それではお二人の中で、ライバルはいますか。このコンビには負けたくないとか。

なるお:チョコプラさんもいますし。

ふぢわら:そうですね、まさに去年の因縁があるんで。“2位を奪われた”っていう(笑)。

なるお:負けたみたいになってる(笑)。まぁチョコプラさんの方が死ぬほど売れてるんでね。こういうところでは、せめてちゃんと勝ちたいなっていうか。

ふぢわら:僕もモノマネやろうかな。IKKOさんのモノマネ(笑)。

――ほんとにぶつけ合うと(笑)。では、なるおさんが和泉元彌さんを…。

なるお:そうですね。そろりそろりって言えば…(笑)。

――せめて逆でしょうか(笑)。

ふぢわら:見た目がね(笑)。

なるお:そうですね(笑)。

■ サンドウィッチマンからアドバイス!

――今回のキングオブコント出場にあたり、同じ事務所のサンドウィッチマンさんからなど、先輩芸人さんからなにかアドバイスを受けたことはありますか?

ふぢわら:サンドさんはもちろん、ネタも見てくれて。富澤(たけし)さんがネタ自体を「こうしたほうがいいんじゃない」ってメールで直してくれたりとか。

伊達(みきお)さんも「ここのツッコミこうしたほうがいいんじゃない」「このフレーズいいんじゃない」とか、言ってくださるんです。

あとは、さらば青春の光の森田(哲矢)さんにネタを動画で送って意見を頂きました。「これは決勝でもいいんじゃないんですか」とか、そういうアドバイスをいただいたり。

――すごい!サンドの富澤さんには、ネタを見てもらったけど「結果、すべった」というようなお話しを、なるおさんが「アメトーーク!」の「サンドウィッチマン大好き芸人」でしていましたよね。

なるお:あぁそうですね!本当に見ていただいてて、準決勝で何をやるかっていう段階で、迷ってるネタをやって、富澤さんに見てもらって、直してくれたんですよ。

それで、まぁ僕らも「ありがとうございます」って他のライブでやったら、直されたところが全然ウケなくて(笑)。

ふぢわら:軒並み、すべる(笑)。僕らの言い方とか、慣れてないとかも、あるかもしれないですけど。

なるお:富澤さんの中で「本当はこういう言い方」とかあるのかもしれないですけど、ちょっとモノにできなかったんで。

ふぢわら:結局、そのネタ自体を変えました(笑)。

■ 「プレッシャーは一切ない」

――では最後に、今回の意気込みを。やはり去年の準優勝コンビ、ある意味優勝候補でもあると思いますが。

ふぢわら:いや~今回は絶対とりたいですね。2017年が6位、2018年が2位ときてるんで、もう1位しかないんで。今回は優勝目指して走り切ります!

なるお:そうですね。去年は正直2人とも「2本目やりたいよね」というのが主だった気がして。ことしが一番やっぱり「優勝したい」が強いというか、現実味があるというか。

ふぢわら:2本目やりたいっていうか「ファイナルに行きたい」ね。そうなんですよ、ファイナルにもいけてなかったんで、最初は。でも去年はいけたんで、ことしは優勝です!

なるお:「優勝」が去年、手が届く距離にあった分、狙っていいんだと思えたので。

ふぢわら:今、「優勝候補」と言われて思いましたけど、去年の2位となるとプレッシャーってあるじゃないですか。でも僕ら、一切ないなって(笑)。そういえば誰にも言われてないなって。

なるお:言われたとしても「準優勝だからことしこそはね!」っていうよりも「準優勝したのにねぇ…」っていう言われ方が多いんで(笑)、プレッシャーにはなってないですね。

ふぢわら:ありがたいかもしれないですね。ハードルも変に上がってないんで(笑)。

わらふぢなるおの決勝進出なるか!?そして優勝は?「キングオブコント2019」は9月21日(土)夜6:55-9:54ほか、TBS系で放送。(※一部地域は夜7:00より放送)(ザテレビジョン)

最終更新:9/20(金) 18:36
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事