ここから本文です

<キングオブコント>や団「決勝進出決まったら、バイきんぐ・小峠さんに“クラッシュ&キス”(笑)」

9/20(金) 16:45配信

ザテレビジョン

9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事ではや団のコメントを紹介する。

【写真を見る】準決勝進出34組から、決勝進出者10組が当日発表される!

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、“コント”で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝している。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

や団は、2007年に結成。SMA NEET Projectに所属するロングサイズ伊藤(写真左)と本間キッド(写真中央)、中嶋享(写真右)のトリオ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきたや団の“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日[土]の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

■ 本番前にマッサージ!

――自己紹介をお願いします。

本間キッド(以下、本間):や団としては…とっても面白い…。

ロングサイズ伊藤(以下、伊藤):いやいや、やめとけよ(笑)。

本間:ナンセンスなコントをする愉快な3人組。

伊藤:とっても面白いの所だけちょっとカット(笑)。

中嶋:いや、ナンセンスもカットしようか(笑)。

全員:とても愉快な3人組で!

本間:愉快! 明るい! 元気! (準決勝進出のメンバーが)若い子いっぱいで元気っていうのも恥ずかしいんですけど(笑)。

――(笑)。その愉快な部分が、ネタにも現れているんでしょうか?

中嶋:いや~そうですね。出てますね。

本間:愉快さ、元気さ。元気さはすごく出しているんですけど、ちょっと元気でいられる年齢でもなくなってきて、今、伊藤さんの体がボロボロで…。

中嶋:結構、動くネタなんで。

伊藤:今、両足と左ケツを痛めちゃってて…。そんなのは関係なく笑っていただきたいなと。

中嶋:リハーサルの時もヨレヨレの動きで(笑)。

本間:昨日、戦争に行って来たのか!? というくらいボロボロの体で(笑)。

伊藤:…すみません。

本間:大丈夫!?(笑)

伊藤:大丈夫です。何とかします。まだ時間あるんで。針治療とか…。

本間:マッサージ行くって言ってました(笑)。

■ ハプニングがあったから、もう怖くないね(笑)。

――今回披露されるネタに対する思い入れや、お客さんの前で披露された際の手応えをお伺いしてもよろしいでしょうか。

本間:そうですね。(今回、披露するネタは)過去のリニューアルもありますし。

中嶋:1本はそう。

本間:もう1本は今年の新作で。とりあえず今、僕らの芸歴、お笑いやってきてワン、ツーであろう2本は持ってきました。

――力の入ったネタということでしょうか?

本間:そうですね~。

中嶋:1本はかなり動く。

本間:それで、もう1本は…まぁ…でも…やっぱり動きますね!(笑) もう1本も(笑)。そういえば、すっごい動いてたな! もう1本も(笑)。

中嶋:今の若い子はワードに頼るけど、俺らは見た目でね(笑)。

伊藤:(最近は)文科系のコント師が多い中、僕らは体育会系。もともと(3人とも)男子校出身で、男くさいネタが多いかもしれないです。

中嶋:なので、多分、観覧席が全員男性だったら優勝する自信はあります。

伊藤:男の中でも、地味な男しかウケないかもしれない、下手したら(笑)。

中嶋:そんなことねーよ(笑)。

本間:だから、女子はもう、しょうがないんですけど、ただ、男子だけはビンビンにさせるようにね! そんなネタを僕らはやっております。

伊藤:ただ、(決勝)観覧のお客さんは全員女性なんですよね。だから、会場がウケてないとやっぱりキツいんじゃないかな(笑)。

――やはり、お客さんから笑い声が返ってくると、ステージ上で気持ちが変わりますか?

本間:本当に多分これは、もう1番の快感ですね。生きている中で。

伊藤:もう、ウケてくれないと、やっぱ後半につれてどんどんテンションが下がって、面白くもなくなってくる。

中嶋:そう(笑)。

伊藤:もうお互いの相乗効果で(笑いに)差がでる。そこは影響されちゃいけないんでしょうけど。

中嶋:でも、影響されるよね~(笑)。

伊藤:ウケるとノッてきたりとか。

中嶋:ノっちゃうよね~(笑)。

本間:だから、やっぱりウケてほしいですよね。ウケればウケるほどベストパフォーマンスが出るんで。だから、ウケてもらわないと、ちょっと困りますね。

中嶋:だから準々決勝、(お客さんが)結構笑ってくれたんで、テンション上がり過ぎてちょっとミスしちゃったりね(笑)。小道具が舞台下に落ちちゃったりとか(笑)。

本間:ステージから、(小道具が)落ちたの知らなくて、ネタ中に急に伊藤さん見たら、鬼の形相で舞台から降りてったんで、俺、怒って帰っちゃったのか(笑)!? と思って驚きましたよ。そうしたら、小道具持って戻ってきたんで「あ、落としたんだ」と思って。

伊藤:客席から帰ろうとしないですよ(笑)。

本間:どんだけワイルドなんだよって思って。客席の真ん中突っ切って帰るなんて(笑)。

――(笑)。そういったハプニングも起きていたんですね!

中嶋:予選で結構そういうハプニングがあったから、もう怖くないね(笑)。

本間:大体のハプニングはやりました(笑)。

伊藤:結構、小道具系とかがハプニングが起こりやすいですね、落とすとか、壊れちゃったとか多い。動きと小道具が伴うネタなんで、ちょっとそこは気を付けたいです。

■ バイきんぐ・小峠さんに“クラッシュ&キス”

――「キングオブコント」出場は何回目でしょうか。

本間:1大会目から今年まで毎年予選は出てますね。

――過去最高ですとどこまで行かれましたか?

本間:準決勝。

――もう、今回は決勝に出たいというお気持ちでしょうか?

本間:もう、出たいですね!

中嶋:6度目の正直ですね。

本間:「キングオブコント」は、12回目なんで、半分は毎年準決勝で悲しい思いをしてるので…(笑)。

中嶋:決勝に行かせてください~(泣)。

本間:半分は嫌な気持ちになってるんで。

伊藤:これは本当に行かないと嫌な気持ちになりますよね。

中嶋:今年はいろんな人にネタを見てもらいました。他事務所の芸人さんを夜中呼び出して、朝まで監禁してネタを見てもらったりとか(笑)。

――どなたに見ていただいたんですか?

中嶋:人力舎の三福エンターテイメントさん。

伊藤:うちの事務所だったらキャプテン渡辺さん。

中嶋:あと、今年はバイきんぐ・小峠(英二)さんにもネタを見てもらったりもしました。だから負けれないね!

伊藤:いい報告したいですね。

――アドバイスもいただきましたか?

全員:もう、いっぱいもらいました。

本間:ネタ見せして「ご意見もらえます?」といった感じで。

――小峠さんは、今回「キングオブコント」の大会アンバサダーでいらっしゃいますけど。

本間:(小峠さんからは)普通にネタのアドバイスをもらったんで、多分決勝進出決まったら、舞台の上にバイきんぐさんがいると思うんで、あのハゲ頭ひっぱたいてやりますよ!(笑)

伊藤:そのあと、キスします(笑)。

本間:“クラッシュ&キス”でいきますよ(笑)。

――(笑)。アメとムチですか?

伊藤:一瞬でやってやりますよ!

中嶋:絶対できねーよ、怖くて(笑)。

本間:あと、バイきんぐ・西村(瑞樹)さんにはめちゃくちゃお世話になってて。今年だと、先輩が後輩にネタを書くという番組があって、西村さんが僕らにネタを書いて、西村さんが100本書いたネタを僕らが全力でやるというのもあって。今、すごい友情が芽生えてるんで、今年は本当に舞台上で握手したいですね。

■ ナイトプールで豪遊

――優勝賞金1000万円の使い道は考えていらっしゃいますか?

本間:ずっと質素な生活をしてきたので。だから、ナイトプールを貸し切って、金に目のくらんだ女子をみんな呼んで、すっごい大豪遊して、あと、電動自転車を買います(笑)。余ったお金で、電動自転車を買います。

――(笑)。急に実用性があるものが。

中嶋:電動自転車は言わなくていいよ(笑)。

本間:電動自転車もお願いします。

伊藤:チャラいわけじゃないんですけど、1回ぐらい(豪遊)やってみたいですね。

――お二方(伊藤、中嶋)もナイトプールでしょうか?

伊藤:もちろん参加します!(笑)

中嶋:いやいや、僕は興味ないですよ、ナイトプール(笑)。僕はラーメンが好きなんで。年間600杯食べてるんで。芸人たちにおいしいラーメン屋さんを、大型バスを貸し切って1日6店舗くらい回ってみんなに食べさせて「どうだった?どうだった?」ということをやりたいですね。

――夢がありますね!

中嶋:そうですね。ラーメンツアーをしたいですね。

伊藤:1日6杯もラーメン食いたいと思います? 後輩たちも困るでしょ(笑)。

中嶋:食えよ~(笑)。

伊藤:僕はですね、「タイガーマスク」の伊達直人みたいな寄付をやっちゃおうかなと。

本間:そのうそね、多分本当にやんなくちゃいけなくなるからね! ここで言ったらね!(笑)

伊藤:やりますよ。やればいんでしょ。1000円とかでやるよ。

中嶋:(1000円なら)駅前の募金箱でいいよ(笑)。

伊藤:1000円寄付します。

■ 今年売れたらギリギリセーフかな?

――準決勝進出34組の中でライバル視されている芸人さんはいらっしゃいますか?

本間:本当の事を言うと、結局は自分自身なんですけども…。強いて言うなら、ファイヤーサンダーの崎山祐(※「崎」は正しくは「立つ崎」)っていうのがバイト先が一緒でして。

その人達、「第39回ABCお笑いグランプリ」を取っているんですけど、すっごくでかい顔をしてくるんですよバイト先で。

だから、こいつらに負けるとでかい顔がさらにでかくなるんで(笑)。1回でかい顔したいんで(笑)。ファイヤーサンダーをライバル視してますね。

伊藤:ま、近しい人が思い入れあるんでね。

中嶋:僕は、ジェラードンのかみちぃとバスケの試合をやったことがありまして、負けたんですよ。せめて、「キングオブコント」ぐらいでは勝たせてくれ、と。そのリベンジをしたいですね。

伊藤:僕も近い人間ですかね。わらふぢなるおさんとか、ゾフィーとか。ゾフィーの上田(航平)はいいんですけど、サイトウ(ナオキ)が調子に乗りやすくて、彼もファイヤーサンダーの崎山っぽいので、ちょっと1回上に立っておきたい。

中嶋:ゾフィーのサイトウくん、本川越で居酒屋経営してるんですけど、めちゃくちゃ僕、常連で行ったりしてて。あと、トイレの鍵を僕の知り合いに頼んで直したりとか、結構恩があるので、ちょっと、恩を返してほしいですよね(笑)。

伊藤:(ネタ中に)2回くらいかんでもらわないと(笑)。

中嶋:割が合わないですよ(笑)。

本間:結構、結成年僕ら古い方なのかと思ったら、そうでもなかったな。ジャルジャルさん(の結成)が2003年、どぶろっくさんが2004年、クロスバー直撃さんが2004年とか…だから、真ん中くらいか。

伊藤:でも、年齢でいったら(上)ってのがあるよね。

本間:年齢はどぶろっくさんが断トツかな?俺らだけおじさんかな?って思ってたら、そうでもないですね。結構30歳オーバーいますね。

中嶋:じゃ、ぎりぎり(お笑い)“第7世代”顔しよう! 

本間:入れてもらっていいですかね、“第7世代”に。

中嶋:今年売れたらギリギリセーフかな?(笑)。

伊藤:繰り上がりですかね。(僕ら)“第6.5世代”なんで。

本間:四捨五入で7かな?(笑)。

――最後に、「キングオブコント」にかける意気込みをあらためてお願いします。

本間:何年も(準決勝の会場)マイナビBLITZ赤坂に来てて、毎年来るたびにBLITZが小さく見えるようになってきたんで…。

中嶋:最初でかかったなぁ…。

本間:巨大な…巨大な…ちょっと何言ってんのか分かんなくなってきましたけど(笑)。

伊藤:目の前の人を笑わせていきましょうそこは! それでいい?

本間:そうするわ(笑)。いろいろ考えて、いろんなシミュレーションとかやってきましたけど、1番大事なことは、目の前の人を笑わせることなので。目の前の人を一生懸命笑わせて、それが審査員の方に刺さってくれればいいなと思っています。そうしたら、おのずと優勝は見えてくるんではないでしょうか?

伊藤:そんな感じです。

や団の決勝進出なるか!? そして優勝は?「キングオブコント2019」は9月21日(土)夜6:55-9:54ほか、TBS系で放送。(※一部地域は夜7:00より放送)(ザテレビジョン)

最終更新:9/20(金) 16:45
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事