ここから本文です

<キングオブコント>ネルソンズ「第2のにゃんこスターに!」優勝よりも“インパクト”求める!!

9/20(金) 6:30配信

ザテレビジョン

9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事ではネルソンズのコメントを紹介する。

【写真を見る】 「キングオブコント2019」準決勝進出、全34組

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、"コント"で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝を決めている。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

ネルソンズは、2010年に結成。吉本興業に所属する和田まんじゅう(写真左)、青山フォール勝ち(写真中央)、岸健之助(写真右)のトリオ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきたネルソンズの“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

■ 「和田あってのネルソンズ」

――まずは自己紹介をお願いできますでしょうか。

和田まんじゅう:キャラクターを重視してると思いきや「台本も意外としっかりしてんじゃねえか?」というトリオです。

プラス、メッセージ性もあるネタをやっています。

青山:ただ、そのメッセージを感じられる人は、少ないと思いますが(笑)。

――お一人お一人は?

岸:青山はリーダー気質がある。

――実際、リーダー?

岸:リーダーです。先頭を走ってくれる人ですね。

――じゃあ、青山さんから見た和田さんは。

青山:やっぱり「和田あってのネルソンズ」なんで。

僕が小学校の時から一緒で、もうずっと面白いんで。はい、和田を島根から呼んで良かったなって。“和田の面白さを伝える”ためにも、決勝行きたいですね。

和田:気分いいっす(笑)。

――そんな和田さんから岸さんの紹介をぜひ。

和田:なんて言ったらいいんだろう。なんか、まだ伝わってないんですけど、伝わったら面白い人。岸のことが分かってきたら面白いっていう。

――秘められた面白さ。

和田:あぁいい!そう、秘められた面白さです。

――秘密兵器みたいなところもあるんですね、きっと。ちなみに、皆様の準決勝進出は何度目になられるんですか?

3人:4度目ですね。

――ここ最近はずっと?

青山:3年くらいは。

■ 「岸のセリフ間違いが出なければ大丈夫」

――各出場の中で印象に残っている出来事はありますか?

和田:岸なんですけど、よくセリフを間違えますね、賞レースで。

和田を青山って言ったり、青山を和田って言ったり。はいを、いいえって言ったり。で「しくった!」って顔するんです(笑)。

青山:今の説明でわかると思いますが、二択を間違えるんです(笑)。それがキングオブコントで出ないようになってくれれば。

――岸さん、今回は大丈夫そうですか?

岸:いや、ことしは大丈夫です。去年が一番いやでしたね。

――何があったんですか、去年。

岸:去年は明転して一発目のセリフが僕だったんですよ。それが、ずっといやでした。あーあれいやだったな…(笑)。

和田:それ、1年目の子が言うやつだからな(笑)。組んで12年目なんですけど。いまだにそういうこと言うんですもん。

■ 「ことしは楽しみの方が勝る」

――ことしのネタへの自信や思い入れは?

和田:自信は正直、半々です。50%くらい。ただ、めちゃくちゃ楽しみではあります。コントをやるのが。

毎年、失敗したくないとかなんですよ、すべったらやだなぁとか思ってるんですけど。ことしは「すべってもいいかな」っていう気持ちで、楽しみのほうが勝る。

青山:他の年に比べて、ことしはだいぶ、言い方難しいですけど「気が楽」っていうか。

たぶん本番始まったら緊張するんでしょうけど。今までこう、ネタはガチガチっていうか、間違ったらやばいなとかセリフのやり取りとかあったんですけど、最悪ちょっと間違っても乗り切れるネタを(笑)。

和田・岸:(笑)。

青山:気持ちでやれるネタなんで。

■ 和田「ライバルは『相席スタート』一択」

――今回の準決勝進出者の中で「この人たちには勝ちたい!」というライバルはいますか。

和田:一択ですね。

青山:一択だね。

和田:相席スタート。

青山・岸:相席かいっ!

岸:(笑)相席かいっ!

青山:3人、意見違いましたわ(笑)。

――和田さんは相席スタート。なぜ?

和田:相席スタートはほんとに、毎年ウケてんるですよ、爆笑なんですよ。でも毎年決勝いけてないんですよ。なぜかわかんないんですけど。

相席スタートは、(山崎)ケイさんが今“ちょうどいいブス”とかで注目されてますけど、ここ1、2年で山添(寛)くんが覚醒してしまいまして。コントの演技が面白すぎるんですよ。

なんて言ったらいいのかな、素の演技だけで「こんなに人を笑わせるんだ…!」っていう。

――すごい!

和田:その武器を手に入れた山添くん。これ世間に知れ渡ったら、とんでもないことになります。

岸:コメント考えてきてた(笑)?

青山:すごいスラスラ、プレゼンが。僕はジェラードンさんですね、やっぱり。

初準決勝で。同じ事務所で一緒にずっとライブとかもやってきたんで。ジェラードンがついに準決勝きたなっていう。

岸:僕もジェラードンだったんですけど。カゲヤマとかもちょっと怖いですよね。

■ 青山「すきま風の吹く家から早く引っ越したい」

――今回のキングオブコント出場にあたり、親しくされてる先輩芸人さんからのアドバイスはありましたか?

青山:事務所が吉本なんで、劇場とかで先輩方にアドバイスをよくいただきますね。例えば(2014年の)チャンピオン・シソンヌのじろうさんとか。

和田:僕が印象に残っているのは、水玉れっぷう隊のケンさん。ケンさんがこの前ルミネで見てくれてて、今回やるネタを。

僕が舞台からはけてきて、これまではあいさつ程度だったんですけど喫煙所で「あかん!おもろい!!もっと見たいわ!」って。嬉しいなーって思って。

青山:熱量違ったよね。他の人と。

和田:だからケンさんが審査員だったらいいなって(笑)。

青山:あと、ジャンポケ(ジャングルポケット)の太田(博久)さんとか、去年まで一緒に準決勝出てたんですけど、ことし出られてないんです。でも準決勝決まった瞬間、すぐLINEくれて「やったな!」ってきたんで、ありがたかったですね。

岸:僕もギンナナの金成(公信)さんが、ずっと応援してくれてますね。

――そんな、吉本の先輩方の期待を背負っているネルソンズさんですが、ことしのキングオブコントにかける意気込みを最後に聞かせてください。

岸:最低、決勝。最高、優勝!

青山・和田:(コメントが)うっすいなー(笑)!

和田:「最高でも金、最低でも金」の弱い版(笑)。

――では和田さんは?

和田:そうですね、決勝出て、インパクト残したいなって。第2のにゃんこスターになりたいですね。

岸:1年間めちゃくちゃ仕事ありそう(笑)。

和田:でも本当に思ってます。優勝とかよりも、茶の間のあんちゃんを笑わせたいです。

――そしてリーダーの青山さんから、最後にビシッとお願いします。

青山:そろそろ決勝行きたいっていう思いで。毎年一緒なんですけど「ことしこそは!」という思いです。

決勝行ったら引っ越しますね。とりあえずボロい家を早く抜け出したい。すきま風の家から早く抜け出したい。

もう冬に入るんで。この時期乗り越えられないんで、僕の家(笑)。

ネルソンズの決勝進出なるか!?そして優勝は?「キングオブコント2019」は9月21日(土)夜6:55-9:54ほか、TBS系で放送。(※一部地域は夜7:00より放送)(ザテレビジョン)

最終更新:9/20(金) 9:57
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事