ここから本文です

「キング・オブ・アスリート」十種競技の日本記録保持者・右代啓祐に安住アナが迫る!<東京VICTORY>

9/20(金) 15:16配信

ザテレビジョン

9月21日(土)放送の「東京 VICTORY」(毎週土曜朝7:00-7:30、TBS系)に、陸上・十種競技の日本記録保持者・右代啓祐(うしろ・けいすけ)選手が登場する。

【写真を見る】長い…! 棒高跳びのポールに翻弄される安住アナ

また、“レジェンドゲスト”には、浜口京子が登場。安住紳一郎アナウンサーと共に、右代選手と陸上・十種競技の魅力に迫る。

「東京 VICTORY」は、2020年東京オリンピック・パラリンピックを目指すトップアスリートをスタジオに招き、司会の安住アナが本音を引き出すトーク番組。

選手たちの知られざる競技人生や、競技の魅力、プライベートが明かされていく。番組アシスタントは、2017年入社の山形純菜アナが務める。

■ 陸上・十種競技とは

「キング・オブ・アスリート」と呼ばれる陸上・十種競技の日本記録保持者・右代選手は、「日本陸上競技選手権混成競技」で8度の優勝を誇り、ロンドン五輪では日本人として48年ぶりに五輪出場、リオ五輪では2大会連続出場を果たした同種目の第一人者だ。

「走る」「跳ぶ」「投げる」の全ての要素が必要な十種競技は、あらゆるスポーツの中でも圧倒的な運動量と運動能力が必要とされる競技と言われている。

競技1日目に、100m→走幅跳→砲丸投→走高跳→400mを行い、2日目に110mハードル→円盤投→棒高跳→やり投→1500mと計20時間以上かけて争われる。

2日間のカロリー消費量は約21000kcalと言われ、フルマラソンの8回分に相当するという。練習に使用するスパイクも8足、また道具も多く、円盤、砲丸、ポール、やりを運ぶ体力も必要となる。

番組では、右代選手が十種競技を始めたきっかけや、練習方法、食事などさまざまな角度から強さの秘密に迫るとともに2020年の東京オリンピックへの意気込みを紹介する。(ザテレビジョン)

最終更新:9/20(金) 15:16
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事