ここから本文です

友近&ゆりやんレトリィバァが即興で歌いまくる!

9/20(金) 16:00配信

ザテレビジョン

水谷千重子一座が美しい景色やおいしい物を楽しみながら、その時々の高まった感情を歌にするロケを行う“歌ぶら”バラエティー「水谷千重子の歌ってえぇんか 大和路流しさんぽ」が、9月21日(土)(昼3:00-4:00、カンテレ)に放送される。

【写真を見る】奈良公園でシカを前に即興で歌う水谷千重子

水谷こと友近と“流しさんぽ”を行うのは、市川由紀乃、徳永ゆうき、そして演歌の世界に入ったばかりの12歳の新人・吉田ゆり子ことゆりやんレトリィバァ。吉田は今回がテレビ初出演となる。案内人は、藤崎マーケット・田崎佑一。さらに、市川のマネジャー・ヒグチさんこと藤崎マーケット・トキも同行する。

一行はまず初めに奈良公園へ。そこでシカに囲まれた水谷は、「ケンカをやめて~」と大熱唱! そんな水谷に負けじと、市川らは鹿せんべいを片手に、歌いまくる。その後、下御門商店街を訪れた一行は、昔ながらの文房具店に立ち寄り、即興で文房具店のCMソングを披露する。

緊張する市川の代わりに、マネジャー・ヒグチさんも即興歌唱に急遽挑戦。ほか、有名な高速餅つきを見学したり、田舎料理の老舗店を訪れたりと、満喫しながら歌いまくることに。

最後に訪れたのは、吉田の姉の友人のゆりやんレトリィバァの母校・奈良県立高田高校。高田高校を訪れた吉田が、なぜか懐かしい気持ちになり、ゆりやんレトリィバァの学生時代の思い出を暴露する場面も。

そして、演歌の素晴らしさを知ってほしいと、市川と徳永が高校生を前に熱唱。さらにそこには、大物演歌歌手・こぶしたかしことレイザーラモンRGの姿も!

■ 水谷千重子「即興で歌うって楽しい!」

収録を終えた水谷は、「ただただ楽しいロケでした。市川さんのマネージャーさん・ヒグチさん(藤崎マーケット・トキ)、もっと見たかったなっていう感じはありました。すっごいリアリティーがあるというか。いるいる~っていう感じの。面白かったですね。即興で歌うって楽しいです。それに、市川さんとか徳永さんのバラエティー対応素晴らしいなって。やってて楽しかったです」と楽しんだ様子。

吉田も「尊敬する水谷先生と市川さん、徳永さん、皆さま先生方、そして、市川先生の昔からのマネージャーさんと、歌って笑って楽しい珍道中、本当に楽しかったです。あと、私のお姉ちゃんの友達のゆりやんレトリィバァさんの母校を訪れて、なぜか分からないんですけど、ノスタルジックな気持ちになっています」と明かした。

さらに、水谷は番組の見どころについて、「奈良がすごく好きになりました。奈良の街並みも見てほしいし、お店もみてほしい。そして人って感動すると、思わず歌が出ちゃうんだなっていうのが新しい発見です。歌は人を幸せにする、楽しくするっていうのが、この番組で分かっていただけるんじゃないかなと思います」とアピール。

吉田は「私は12歳で、まだ演歌の世界のことは、一つも分かりませんが、ただ、歌を歌うということの素晴らしさを見て下さっている方に伝えることができればと思います」と語った。(ザテレビジョン)

最終更新:9/20(金) 16:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事