ここから本文です

“つまらない”ピアノ教則本の魅力とは?「音楽の深淵さは『ハノン』から始まるのかも…」

9/20(金) 16:50配信

ザテレビジョン

高橋克典が司会を務める「ららら♪クラシック」(毎週金曜夜9:00-9:30、NHK Eテレ)。9月20日(金)の放送ではゲストにピアニストの伊藤恵と作曲家の宮川彬良を迎え、ピアノのおけいこには欠かせない「ハノン・ピアノ教本」の魅力に迫る。

【写真を見る】“真珠のように美しい”「ハノン」を演奏する伊藤恵

ピアノを習ったことがある人にはなじみが深い「ハノン」だが、音階が並んだだけの“無味乾燥でつまらない練習”や、演奏する前の指のウォーミングアップだと嫌われがちだ。

そこで、中学生のときピアノでハノンの音階を練習することにハマり、「まじめくさったハノンのおかげで自分というユーモアあふれる作曲家が生まれた」という宮川が実は奥深い「ハノン」を解説。

また、伊藤が「たとえ音階でも泣いてしまうほど感動する演奏もある」と美しい「ハノン」をスタジオで演奏し、これまでのイメージを覆す新たな「ハノン」の魅力を紹介する。

番組の制作を担当したディレクターの三宅美保氏は「今回、『ハノン』と共に青春を過ごした様々な方を取材しました。高校時代にハノンを1番から60番まで毎日弾いたという男性や、94歳のおばあちゃん、そして日本を代表するピアニスト伊藤恵さんも『ハノン』の1番を演奏します。『音楽の深淵さはハノンから始まるのかも…』と、ピアノをもう一度練習してみたくなる番組です」と見どころを語った。

■ ディレクターの三宅美保氏コメント全文

作曲家の宮川彬良さんが雑談のなかで「ハノンは嫌いじゃない。むしろ好きなんですよね」とおっしゃっるのでびっくり仰天!それが番組制作のきっかけになりました。

「ハノン」は私にとっては、つまらなくて嫌~なピアノ教則本。昭和のおけいこブームで近所の子は皆ピアノを習っていましたが、苦行のようなハノンのせいでピアノをやめちゃった友達もいたほど。

でも、アキラさんは中学時代、なんと、あの無味乾燥な「ハノン」をもとに面白すぎる曲を作曲してしまったそうで、当時を振り返ってのピアノ解説は必見。アキラさんによれば、ハノンは「純粋さ」が凝縮した原石なのだとか。

今回、「ハノン」と共に青春を過ごした様々な方を取材しました。高校時代にハノンを1番から60番まで毎日弾いたという男性や、94歳のおばあちゃん、そして日本を代表するピアニスト伊藤恵さんも「ハノン」の1番(ドミファソラソファミ…)を演奏します。

「音楽の深淵さはハノンから始まるのかも…」と、ピアノをもう一度練習してみたくなる番組です。

(ザテレビジョン)

最終更新:9/20(金) 16:50
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事