ここから本文です

バルサに痛手 不動の左SBアルバ、約2年ぶりの負傷離脱…3試合欠場の見込み

9/20(金) 12:57配信

Football ZONE web

CLドルトムント戦で負傷交代 2~3週間の離脱か

 勝ち点3を取れなかったことよりも大きな打撃となるかもしれない。バルセロナは現地時間17日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第1節のドルトムント戦(0-0)で、スペイン代表DFジョルディ・アルバが負傷の影響で途中交代するアクシデントに見舞われた。クラブは左足大腿二頭筋の負傷と発表したが、スペイン紙「スポルト」はこの不動の左サイドバック(SB)の負傷離脱は約2年ぶりとなることを伝えている。

 離脱期間は2週間から3週間程度と予想されており、少なくとも今後3試合ほどは欠場となる見込みだ。ここ2シーズンは大きな怪我もなく安定してピッチに立ち続けていただけに、「スポルト」は「Mr.Dependableのジョルディ・アルバがこの約2年間で初めての負傷」と報じた。

 昨季は負傷による欠場は1試合もなく、アルバにとっては2017年10月17日以来の負傷になると記事では紹介されている。この時はCLのオリンピアコス戦、リーガのマラガ戦、スペイン国王杯のムルシア戦と3試合の欠如を余儀なくされた。

 不動の存在だったアルバの不在は、チームにどのような影響を及ぼすだろうか。今夏にベティスから新加入した23歳のDFジュニオール・フィルポらアルバの穴を埋める選手の奮闘にも期待したい。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/20(金) 12:57
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事