ここから本文です

4カ月でスピード婚を果たした35歳女性の機転

9/20(金) 4:50配信

東洋経済オンライン

中国地方にある港町の駅ビルに来ている。この地に所用もあったため、2年前に出演申し込みフォームから連絡をくれた柴田有紀さん(仮名、41歳)へのインタビューをようやく実現することができた。

 九州出身の有紀さんは大学進学のために中国地方の都市に出て、大学院を修了してから中国地方内で就職。26歳のときに社内結婚をしたが2年後に離婚。35歳のときに現在の夫である一雄さん(仮名、43歳)と知り合って4カ月後に再婚。1年後には不妊治療を始め、現在は働きながら1歳半の息子を育てている。

 晩婚さんとしてはめずらしくない経歴だが、7年間のブランクを経た後の35歳でのスピード再婚は興味深い。その話を聞く前に、最初の結婚と離婚から振り返ってもらうことにした。

■勘違い気味の「自負」で進んだ最初の結婚

 「前の夫は新卒で入社した会社の先輩です。8歳年上でした。研修先の職場で知り、優しい大人に見えたんですね。そのときに付き合っていた恋人ともめていたこともあり、私から声をかけて仲良くなりました」

 前夫を孝明さんと呼ぶことにする。交際を始めてみると、「ん?」と疑問に感じることが時々あった。高身長でイカツイ風貌の孝明さんは有紀さんに対して威圧的な言動をするようになったからだ。

 「方言なのだと思いますが、『何しとんの、オマエは!』と怒鳴られると怖かったです。山奥にある彼の実家に仕事帰りに車で行ったとき、高速道路の分岐を2回も間違えて到着が深夜になってしまったことがありました。すごく怖かったので慰めてほしかったのに、謝るまで叱られてしまったんです。悲しかったですね。でも、私はそういう人とも分け隔てなく接することができる人間だという自負もありました」

 若いときはこのような勘違い気味の「自負」を持ちやすい。他人から忌避されるような人と付き合える自分を誇らしく思ったりする。しかし、そこに本当の愛情や居心地よさがない限り、無理な交際はやがて破局するものだ。

 孝明さんのほうも勘違いの多い人物だった。自分が車やバイクが好きなので、有紀さんへのプレゼントも何十万円もする車の改造グッズばかり。そんなの要らないよ……。

 「プロポーズをされたときは悩みました。彼の実家に行ったときにお義母さんから『結婚してくれるんだよね』と言われてなんとなく約束してしまったので、しなくちゃ申し訳ないように思っていました。悩んでいることを彼に伝えたら、胸ぐらをつかまれて『あんなにいろいろ買ってやったのに!』と叱られたんです。どうしたらいいのかわからずに結婚してしまいました」

1/4ページ

最終更新:9/20(金) 16:59
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事