ここから本文です

元ブルガリア代表FWベルバトフ、現役引退。マンU時代にはプレミア得点王も獲得

9/20(金) 8:40配信

フットボールチャンネル

 元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフが19日、現役引退を発表した。

 38歳のベルバトフは自らのSNSで「20年に及ぶサッカー選手としてのキャリアを止める時期が来た」と投稿した。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 1998年に母国のCSKAソフィアでプロとしてのキャリアをスタートさせたベルバトフは2001年にレバークーゼンに移籍する。その後、トッテナムを経て2008年に移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは得点王に輝くなど3度のリーグ優勝に貢献する。

 ユナイテッド退団後はフラムやモナコなどでプレーし2017年からインドリーグのケーララ・ブラスターズに入団、2018年4月に同クラブを退団し無所属の状態が続いていた。なおブルガリア代表としても78試合に出場し48得点を決めていた。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:9/20(金) 8:40
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事