ここから本文です

レアルのペレス会長、早くもジダン監督の後任を模索?シャビ・アロンソが候補か

9/20(金) 17:00配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、早くもジネディーヌ・ジダン監督の後任を模索しているようだ。スペイン『アス』などが現地時間の20日に報じた。

【写真特集】レアル・マドリーからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 今夏積極補強を行ったレアルは、リーガ開幕から4試合で2勝2分の3位に位置している。現地時間の18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1節パリ・サンジェルマン(PSG)戦では、0-3の敗戦を喫している。

 これを受け、ペレス会長はすでにジダン監督の後任を模索しているという。ペレス会長は、その後任候補に現在レアル・ソシエダのBチームで監督を務める元レアル・マドリーのシャビ・アロンソ氏を挙げているという。

 アロンソは、リバプール、レアル、バイエルンなどでプレーし、2017年に現役を引退した。現役引退後、2018年8月にレアルのインファンティルA(U-14)の監督に就任。2018/19シーズンにリーグ戦無敗優勝を達成するも、今年6月にソシエダBの監督に就任した。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:9/20(金) 17:45
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事