ここから本文です

バナナマン「設楽統」の受難 TBSやらせ2番組で“腸が煮えくり返る思い”か

9/20(金) 6:01配信

デイリー新潮

日村も「クレイジー」に出演

 自分がMCを務める2番組で、連続して“ヤラセ問題”が発覚。これほど不運なお笑い芸人は、なかなかいない。バナナマンの設楽統(46)のことだ。

 ***

 TBSの公式サイトは9月5日に「『消えた天才』からのご報告とお詫び」を、さらに11日には「『クレイジージャーニー』からのご報告とお詫び」を掲載した。

 改めて、それぞれの内容をご紹介しよう。まずは「消えた天才」(日曜・20:00)だが、こちらは4回のオンエアにおいて“映像加工”が明らかになったという。(註:引用時は全てデイリー新潮の表記法に合わせた)

【1】リトルリーグ全国大会で、全打者三振の完全試合を達成した少年(当時12歳)の試合を放送した際、映像を早回してストレートの球が速く見える加工を行った。対象は31球のうち7球。投げたボールがキャッチャーミットに収まるまでの0・5秒で、2割程度速くしていた。(19年8月11日放送)

【2】インターハイ卓球女子シングルスで優勝した女性が現役引退後、29歳になって卓球をする映像のスピードを実際よりも2割程度速くした。(18年1月3日放送)

【3】フィギュアスケート大会で優勝した当時小学生の男子の映像で、スピンのスピードを実際よりも2割程度速くした。(18年1月3日放送)

【4】元Jリーガーの男性が小学生時代に出場した試合について、ドリブル突破を図る映像のスピードを2割程度速くした。(18年11月4日)

 続いて「クレイジージャーニー」(水曜・23:56)だが、8月14日の放送では、《爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅》を取り上げた。

 その際、《紹介した生物は6種類ですが、このうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していた》ことが放送後に分かったという。

 両番組とも、調査終了まで放送を休止するという。放送担当記者が解説する。

「『クレイジージャーニー』のMCは松本人志さん(56)、小池栄子さん(38)、そして設楽統さんの3人です。『消えた天才』はバナナマンの設楽さんと日村勇紀さん(47)の2人に局アナの日比麻音子アナ(26)という顔ぶれでした。2番組でMCを務めていた設楽さんは、不運と言う他ありません。とにかく、こんなことは滅多にあることじゃないですよ」

 バナナマンの2人も問題を重視。9月14日には2人がレギュラー出演するラジオ番組「バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオ・土曜・1:00)で、ヤラセ問題を取り上げた。

 サンスポは同日(電子版)「バナナマン設楽、レギュラー2番組で不適切演出発覚『びっくりしたのとショックと…』」と報じた。記事の一部を引用させていただく。

《設楽は、番組冒頭で「我々のレギュラーの、TBSでやってます『消えた天才』と『クレイジージャーニー』で、番組の不正がありまして、ちょっと立て続けに…。俺なんか両方出てますから、びっくりしたのとショックと…」と現在の心境を語り、「一番は見てる人に対しててだよね。信頼関係というかさ、うそだと思って俺らもやっていないわけ。だけどそれがうそだってなっちゃうと、見てる人もさ『これ、うそか』って。他のも『なんだこれ、もしかしたらやってんじゃないの?』とかね。そういう感じで、信頼関係が失われちゃう」と苦言》

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 10:37
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事