ここから本文です

ミランの新エース、ピオンテクは“背番号9の呪い”を解けるのか。

9/20(金) 11:41配信

Number Web

 21世紀ももう20年になろうというのに、サッカーの世界には“呪い”というオカルトチックなものが跋扈している。

【秘蔵写真】懐かしのファンタジスタ・バッジョにマンガみたいなイニエスタのドリブル、ヤンチャそうなポドルスキにロナウドの若き日。

 “背番号9の呪い”にかかったのは、ミランのエースFWクシュストフ・ピオンテクだ。

 昨季、リーグ戦とコッパ・イタリアを合わせて年間30ゴールをあげ、今季からミラン伝統の背番号9をつける彼は、セリエAの開幕から2試合無得点。ポーランド代表として臨んだ9月のEURO2020予選でもノーゴールに終わった。

 呪いとは偉大なOBフィリッポ・インザーギが2012年に引退以降、ミランの背番号9をつけたFWたちがことごとく陥るスランプを指す。

呪いは確かに彼とミランを苦しめている。

 「FWにとって9番は大事な数字だよ。レバンドフスキ、スアレス、ベンゼマ……世界中のトップストライカーが皆つけてる。だから今季から9番を背負えて最高に嬉しい。呪い? そんなもの信じてないし、ビビっちゃいないさ」

 ピオンテクは気丈に言うけれど、呪いは確かに彼とミランを苦しめている。

 まさかの黒星発進となったウディネーゼとのセリエA開幕戦で、新エースは1本のシュートも枠内に飛ばすことができなかった。

 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙からは滅多にない最低評点「4」で戦犯扱いされ、新指揮官マルコ・ジャンパオロは「ピオンテクは(2トップではなく前線で)独りの方がいいプレーができるのかもしれない」と顔色を変えた。

 続く2節ブレシア戦では先発落ちの憂き目に。試合はMFハカン・チャルハノールが前半12分にあげた虎の子の1点を守りきり何とか連敗は免れたが、チームは前後の連係が未だバラバラで、新戦力の順応不足も相まって不安は募る。

“ピストレーロ(ガンマン)”の異名をとる。

 “ピストレーロ(ガンマン)”の異名をとるピオンテクのリボルバーが火を吹いたのは3カ月以上も前の6月10日、代表でのイスラエル戦が最後だ。

 バカンス明けのキャンプイン後、6試合あったプレシーズンマッチでもまったくの音無しに終わり、開幕7日前に組まれた格下チェゼーナとの最終テストマッチもスコアレスドローに終わると、現地メディアがゴール欠乏症の“呪い”と騒ぎ始めた。

 今夏の移籍市場ではポジションのかぶるパトリック・クトローネ(現ウォルバーハンプトン)とアンドレ・シウバ(現フランクフルト)が放出されたことで、ピオンテクはクラブ側からの期待と信任を感じていた。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 11:56
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事