ここから本文です

オールカマーは過去の激走条件を満たす 3頭が、人気3頭をビビらせる

9/20(金) 5:57配信

webスポルティーバ

秋の中山、阪神開催では、今後の大舞台に向けての前哨戦が真っ盛り。9月22日には、GIIオールカマー(中山・芝2200m)が行なわれる。

【写真】秋競馬での活躍も期待される藤田菜七子騎手

 秋の始動戦として定着している重賞とあって、例年トップホースがこぞって参戦している。今年も出走メンバーには、海外GIのクイーンエリザベス2世C(4月28日/香港・芝2000m)を制したウインブライト(牡5歳)をはじめ、一昨年のダービー馬で、昨年のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)の覇者であるレイデオロ(牡5歳)、GI常連馬で、前走のGIII七夕賞(7月7日/福島・芝2000m)でおよそ2年ぶりの勝利を飾ったミッキースワロー(牡5歳)ら、実力馬が名を連ねた。

 こうして好メンバーが集結するからか、過去の結果を見てみると、比較的堅い決着が多い。過去10年で、1~3番人気が7勝を挙げており、1番人気に至っては、馬券圏内(3着以内)を外したのは2度だけ。そのため、3連単で10万円を超えるような高配当が生まれたのは、わずか1回しかない。

 とはいえ、そうやって波乱となった年も1度はあり、他にも伏兵の台頭によって好配当が生まれたことは何度かある。ならば、上位人気馬を押さえつつ、穴狙いに徹することは悪くない。そこで、過去の10年の結果を参考にして、今年のレースで激走しそうな穴馬を探し出してみたい。

 まず面白そうなのは、年明けにオープン入りを果たした"上がり馬"である。

 2013年に9番人気で金星を挙げたヴェルデグリーンがいい例だ。同馬は、その年の初めに500万下(現1勝クラス)を勝ち上がると、以降、3連勝を飾ってオープン入り。続く初の重賞挑戦となったGIII新潟大賞典(新潟・芝2000m)でこそ10着に敗れたが、人気を落としたオールカマーでは見事な巻き返しを遂げた。

 その他、2014年に12番人気で3着に突っ込んできたクリールカイザー、2016年に6番人気で3着に入ったツクバアズマオーも同様のタイプだ。クリールカイザーは、前年の降級から年が明けた4月に再度オープン入り。その後、オープン特別で4着と健闘したあと、この舞台でも3着と好走した。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 5:57
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事