ここから本文です

ロンドンコレ初のショーチケット一般販売は売り上げ上々 主催者が語る狙いと今後

9/20(金) 14:00配信

WWD JAPAN.com

2020年春夏シーズンのロンドン・ファッション・ウイーク(LONDON FASHION WEEK 以下、LFW)は、一般入場可能なパブリックショー(Public Show)を初めて開催した。イベント内容は、9月14日の「アレクサチャン(ALEXACHUNG)」の単独ショーと、15日の「ハウス オブ ホランド(HOUSE OF HOLLAND)」と「セルフ-ポートレート(SELF-PORTRAIT)」の合同ショーの2種だ。LFWの公式ホームページ上で販売したチケットの価格は1日分のスタンダードが135ポンド(約1万7700円)、フロントローが245ポンド(約3万2000円)で、業界人を招いたトークショーや9月に開催予定のイベントに参加する権利も含まれている。

【画像】ロンドンコレ初のショーチケット一般販売は売り上げ上々 主催者が語る狙いと今後

"8割は埋まるも高額のフロントローはまばら"

会期中は両日3回のショーが行われた。14日の「アレクサチャン」の初回は約300人収容の会場に250人ほどが来場し、高額なフロントローに空席はあったものの上々の集客だった。会場はLFWのメイン会場である「180 ザ ストランド」内で、場内に目立った装飾はなく、ただ白い真っ直ぐのキャットウオークとスクリーンが設置されていた。ショー前にLFWを紹介する約5分間のムービーが放映され、ショー前にもデザイナーのアレクサ・チャン自身がブランドについて語る約3分間のムービーが流れた後に本番がスタートした。ランウエイで見せたのは19-20年秋冬コレクションで、同ブランドが2月のLFWで行ったショーとは内容が異なり、ジーンズやジャンプスーツなどを組み合わせたリアルなスタイリングの27ルックだった。会場内にはポップアップショップが開かれ、ショーで見た商品がすぐに購入できる仕組みになっていた。ショーの費用は主催するLFWが負担し、ポップアップの商品もそれぞれの店頭用在庫なのでブランドのリスクは少ない。デザイナーのビジョンや世界観を発信する場である業界人向けのファッションショーとは違い、消費者の販売促進が目的といえるだろう。

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 18:06
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事