ここから本文です

なりたい顔No.1の森絵梨佳「結婚って、考えすぎると決められない」新作映画を語る

9/20(金) 15:47配信

女子SPA!

 美容モデルとして絶大な人気を誇り、「なりたい顔」No.1※と言われる森絵梨佳さん(※『VOCE』の読者投票など)。美容誌やTVCMなどで、あるときはイノセントにあるときは妖艶に、多彩な表情で女性を魅了する彼女が出演する映画『アイネクライネナハトムジーク』が9月20日に全国で公開されます(9月13日宮城県先行ロードショー)。

⇒【写真】『アイネクライネナハトムジーク』より

 伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を群像劇の名手と呼ばれる今泉力哉監督が映画化し、シンガーソングライターの斉藤和義が音楽を担当した本作。10年も付き合っているのに結婚に踏み切れないカップル、長年連れ添った妻に捨てられた夫と声しか知らない男に恋をする美容師など、不思議な“出会い”の連鎖が生む様々な人の“絆”を描いたラブストーリーです。恋愛や結婚について悩む人にぜひ鑑賞してほしい。

 今回は、2児の母親となる女性を演じた森絵梨佳さんに、作品の魅力から美容法まで話を聞きました。

華やかなことが苦手な、普通の人間なんです

――パートで働きながら子育てをしているという、いわゆる平凡な由美という女性を、10歳の頃から芸能界で活躍なさってきた森さんが演じていますが、彼女を演じるにあたり苦労した点はありましたか?

森絵梨佳さん(以下、森)「芸能界で仕事をしていますが、私は華やかなことが苦手で本当に普通の人間なんです。だから、由美には共感できる部分がたくさんあり、脚本を読んでいるうちに自然に彼女がスッと自分に入ってきた感じでした」

――夫である一真役の矢本悠馬さんとは本当に息のあった演技をしていましたね。

森「矢本さんにはお会いして間もないときに私の血液型がA型だって言ったら、『俺、A型の人は嫌いなんだよね』って言われたんですよ!(笑) 撮影の合間なのに、なんでそんなことを言う!?って感じで(笑)。なんでA型を嫌いなのかは分かんないですが、矢本さんは本当に楽しい方で現場を盛り上げてくれました」

――由美は一真と子どもを授かったことがきっかけで、結婚をしています。あるあるですが、大学生の女の子にとって大学を辞めて結婚し子育てをするとは、かなり思い切った選択です。

森「子どもを授かったから学校を辞めて結婚する……一大決心のように周りからは見えるかもしれませんが、彼女にとって一真との出会いは素晴らしいものでした。だから子供を授かったということは、なによりも2人の目にはハッピーな出来事としてしか映らなかったんです。当事者にとっては、他人が想像するような“大変な”コトではないかもしれませんね」

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 17:36
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事