ここから本文です

今年の競輪はG3が車券もレースも熱いこれだけのワケ

9/20(金) 15:50配信

週刊SPA!

 全国43箇所で開催されている競輪は、競馬と同様、ほぼ毎週重賞レースが開催されている。まずはトップクラスの選手が出場する重賞レースに注目するのが初心者へのオススメの一つだ。しかし、今年の競輪は例年以上に重賞レースが重要になっている。重賞で一番ランクが低いG3であったとしても……

⇒【図説】賞金上位者3選手がG3優勝賞金未満の間にひしめいている

今年の競輪で重賞戦線がアツい理由

 今年の競輪重賞戦線は例年以上にアツい。なぜならば、競輪グランプリ出場争いに必要な獲得賞金額が拮抗しており、歴代最高の激戦になっているといっても過言ではないからだ。競輪グランプリの優勝賞金は1億円。競馬とは違い、選手が“まるまる受け取る”ため、そのインパクトは大きい。この競輪グランプリに出場できるのは9名。これが普段のG1ならば出場選手は100名以上によるトーナメント形式(予選、準決勝戦、決勝戦と勝ち上がっていく)なのだが、グランプリは1レースのみ。一発勝負で1億円を争うため、レースそのもののアツさも格段に違うのである。

 この競輪グランプリへの出場条件は、年6回あるG1の優勝者、競輪以外の自転車競技個人種目で大活躍した選手がまず選ばれ、そこから残った枠を最後のG1終了時点での獲得賞金額上位から9名になるまで選ばれる。G1で優勝できなくとも、年間を通してコンスタントに賞金を積み重ねて、夢の舞台の切符を掴むこと方法もある……というわけだ。

【競輪グランプリ出場条件の詳細】
(1)G1優勝者
(2)選考委が特に認めた選手(基本的にオリンピック自転車競技トラック個人種目メダル獲得者が入るため今年は今の所該当者はいない見込み)
(3)年内最後のG1(競輪祭)終了時点での賞金ランキング上位者(以下、賞金枠)

 例年の今頃であれば、賞金枠でほぼ当確となる選手が2~3名出てくるものなのだが、今年は当確が出ているのは佐藤慎太郎選手だけ。あとは大接戦の状況だ。

 このため、賞金の高い重賞レースでの賞金上積み争いが過去最高に激化しており、最もグレードの低いG3のレースであっても無下にできない状況なのだ。G3の優勝賞金は360万円。ボーダー付近の選手にとってはバカにできない金額であり、その結果、今年の競輪はG3のレースがアツくなっているのである。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 18:33
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事