ここから本文です

パンツルックの新潮流 オフィスはワンピでアレンジ

9/21(土) 7:47配信

NIKKEI STYLE

職場の装いを本格的な秋モードに切り替えたくなる季節を迎えました。仕事着の代名詞的なパンツルックにも、この秋は新提案が相次いでいます。シャツとジャケットが「お約束」だったパンツの相棒に新たなキャスティングを試すのが、今秋の目立った動き。「優美でスタイリッシュ」という、欲張りなアレンジが打ち出されています。働く女性に支持されているブランド「BEIGE,(ベイジ,)」の新作を手がかりに、パンツルックの新潮流をキャッチしていきましょう。

■ベージュ×モノトーンの黄金コンビ ボトムスを細見せ

ベージュのトップスにネイビーのパンツというコンビネーションはオフィスで支持率の高い組み合わせです。穏やかさと強さを兼ね備えた色バランスは、硬軟の使い分けを求められる仕事の空間になじみます。ショート丈ジャケットとハイウエスト・パンツを引き合わせれば、脚が長く映ります。

細見え効果を期待するなら、選びたいパンツの形は、裾に向かってすぼまる「テーパードパンツ」。短めの丈を選べば、足首がちらりとのぞいて、さらにすっきりした見え具合に。黒系ならではの引き締め力が生きるシルエットです。



着丈が長いロングジレ(ベスト)は、縦長イメージを印象づけてくれるウエアです。ダークカラーの細身パンツと組み合わせると、一段と縦落ち感を強調できます。フードの膨らみは、首や肩周りにボリュームが出るので、小顔に映る効果も。表情をやさしげに見せるうえでも、顔に近い位置のベージュは効果的です。

量感のたっぷりしたジレと引き合わせるのは、レギンス感覚の細身パンツがおすすめ。ボリュームの落差が際立って、すっきりした着姿にまとまります。細身の形でも、突っ張りや引っ掛かりを感じにくい、伸びやかなはき心地の素材を選ぶのがオフィスで快適に過ごすコツです。

■ハイネックで硬軟ミックス 優しげなパンツルックに

センタープレスが入ったメンズスラックス風のワイドパンツはオフィス向きのボトムスです。穏やかなムードのトップスと組み合わせて、硬軟ミックスに仕上げましょう。ブラウスのハイネックは、襟付きシャツに比べて、ソフトな雰囲気が持ち味。ワイドパンツと合わせれば、こなれた着映えに整います。

リラックス感のあるハイネックを、仕事モードで着こなすには、ジャケットを羽織るのが一番。全体をこのような落ち着いたニュートラル色でまとめることによって、きちんと感をキープしやすくなります。少しずつ色のトーンをずらしながら、同系色で束ねていく「トーン・オン・トーン」は職場になじみやすいコーディネートです。



ベーシックな印象のネイビーパンツも、羽織り物の選び方次第で、ムードを変えられます。たとえば、スリーブレスのジャケットなら、シャープでりりしい風情に。長袖のシャツやブラウスに代えて、ノースリーブのハイネックで合わせれば、程よいずれ感や遊び心も加わります。

たとえば、秋らしいブラウン系を合わせると、落ち着きや柔和さが加わります。オフィスでは白シャツで合わせることの多かった人も、カラーニットでキャラクターを引き出すコーデを試せます。首を覆うハイネックは目をひきやすいから、ムードメーカーにうってつけです。

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 7:47
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事