ここから本文です

食事が美味しい『観光列車』おすすめ6選!グルメな鉄道の旅に出かけよう【全国】

9/21(土) 19:00配信

じゃらんニュース

近年、車窓を眺めながらその土地の美食が楽しめる観光列車が、全国で人気上昇中!
ガタンゴトンとレールを走る心地よい浮遊感を味わいながら、鉄道ならではの旅情に酔いしれる旅は、今やプラチナチケットも珍しくないほどの人気ぶりです。旅の途中で気軽に乗ることができ、沿線のこだわりの味を思う存分堪能できる観光列車の旅。
この秋、そんなグルメな鉄道の旅へ、友人や恋人、家族など、あなたの大切な人を誘って出かけてみませんか。

1.THE RAIL KITCHEN CHIKUGO【福岡県/西日本鉄道】

筑後の味覚を活かした逸品揃い。史上初、ピザ焼き窯を備えた列車へ。
ピザプレートは「広松木工」製作。列車ならではの工夫を凝らした器は、器好きにはたまらないはず ※写真の料理は2人前。メニューは8月までのもので、季節により変更あり
アテンダントが沿線の豊富なドリンクや料理の説明をしてくれる
2号車のオープンキッチン。ピザは一枚一枚焼かれる
コースの締めは香り高いハーブティー
矢部川橋梁を渡る列車。漁業の町の車窓が楽しめる
2019年3月運行開始!
福岡県民の足である通称「西鉄(にしてつ)」に、日本初、焼き窯を備えた旅列車があると知って訪れたのは快晴の日。赤と白の格子柄がキッチンクロスを思わせる列車のなか、左右の格子窓から光が満ちる空間はレストランそのものです。列車の揺れに耐えうる特製グラスに注がれたワインをひと口、弾ける香りにコースへの期待が高まります。沿線のフレッシュな野菜が爽やかなアグロドルチェ、香ばしいクロケットと少量ずつ盛り付けられた料理は美しく、次にテーブルへ運ばれてくる料理が待ち遠しくてなりません。待望の車内製ピザは、まさに焼き立てです。シンプルながら味わい深い生地に、香り高い野菜の風味と歯ごたえがしっかりと活きています。キッチンの名を冠したこの列車、車内で調理するだけではありません。食材の魅力が吟味し尽くされているのです。押し寄せる満足感に浸りつつ、しばし車窓に目を憩わせました。
【ランチ例】
●あまおうプレミアムスパークリングワインor季節のフルーツジュース
●アミューズ
ズッキーニとペコリーノチーズ
巨峰サラダ
●野菜のプレート
オクラとプチトマト
焼きなすのアグロドルチェ
かぼちゃとミントのクロケット
●肉のプレート
豚と夏野菜のビネガー煮込み
●旬野菜のピザ
オクラと大葉のピザ
●プティフル
椛島氷菓のアイスキャンディ・ジェラート
●中村園(八女市)オリジナルブレンドハーブティー
■THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ レール キッチン チクゴ)
[運転区間]ランチ・ディナーは西鉄天神大牟田線西鉄福岡(天神)駅~大牟田駅
[運転日・本数]金・土日祝を中心に各コース1日1本
[所要時間]ランチ・ディナーは約2時間20分
[料金]ランチ・ディナーコース各8640円
[購入方法]公式サイトで予約受付。ほか別メニュー、別行程のブランチ3240円もあり

1/6ページ

最終更新:9/21(土) 19:00
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事