ここから本文です

レザースニーカーのお手入れ術。スプレー1本で驚くほどきれいに!

9/21(土) 10:00配信

WEBUOMO

季節に関係なく年中お世話になってるスニーカー。いい大人なんだからやっぱり毎日きれいに履きたい。そこで、レザースニーカーの簡単ケアをABC-MARTで教えてもらった。

レザースニーカーをクレンジングスプレーで簡単ケア

ABC-MARTではレザースニーカーのお手入れに「BRIN ツヤ出しクレンジングスプレー」を推奨している。スムース革だけでなく合皮にも使えるので、レザー系スニーカーはこれ1本常備すればOK。具体的な簡単ケアの方法は以下をチェック。

【1】ブラシを使って全体のほこりを払う

まずは革靴と同じようにブラシがけ。つま先からヒールにかけてまんべんなくブラシがけして、スニーカーについた汚れやほこりを払う。ソールも同様に行う。

【2】シューレースをはずす

クレンジングスプレーをかける前にシューレースをはずす。シューレースは汚れていたらぬるま湯で洗濯液をつくり、浸して洗う。

【3】クレンジングスプレーを全体にかける

15cmほど離して、スニーカー全体にスプレーがけ。ムラなくかけるのがポイント。シュータン部分にも忘れずスプレーする。

【4】汚れが浮き上がってくるのを待つ

スプレーをかけたら30秒ほど放置して、汚れが浮き上がるのを待つ。写真のように泡が大きくなり、そこに汚れが浮き出てくる。

【5】きれいな布で汚れを拭きとる

汚れが浮き出た泡をきれいな布で拭きとる。使い古したタオルやTシャツなどを利用してもOK。丁寧に、泡が残らないように行う。

【6】スニーカーが乾くまで5~10分ほど放置する

クレンジングの水分が乾くまで、そのまま置いておく。表面を触ったとき、湿った感じがなくなったら次の工程へ。

【7】グローブを使って磨く

このクレンジングスプレーはツヤ出し効果もあるので、仕上げに磨くとレザー本来のツヤが出てくる。専用グローブは繊維が細かく、ツヤが出やすいのでおすすめ。

【8】仕上げに防水スプレーをかける

防水スプレーは軽く濡れるくらいスプレーして乾かす。これを3回リピートすると防水力が高まる。手入れが完了したあとすぐに防水スプレーでコーティングすることで、汚れがつきにくくなり、同時に色落ちも防いでくれる。ケアとセットで済ませておくと、次に履くときに快適。

「BRIN ツヤ出しクレンジングスプレー」はレザースニーカーの他、ビジネスシューズやブーツにも使える。汚れ落としはもちろん、保湿、保革、ツヤ出しが一度にできるのが魅力。(起毛革や爬虫類革には使用不可。また淡色のレザー、デリケートレザーは直接スプレーせず、布になじませての使用を推奨)

右から、BRIN ツヤ出しクレンジングスプレー 180ml ¥1000・GT防水スプレー 146ml ¥1000・ミット(水色)¥400・クロス(黄色)¥200・馬毛ブラシ¥800/ABC-MART

スエードやヌバックのスニーカーは このブラシ1本でOK!

「スエードハンドルブラシ」(¥500)はラバーとナイロンのブラシが両面に、サイドにも波型の汚れ落としがついた起毛革用のブラシ。起毛革のスニーカーはこのブラシをかけるだけでケアできる。ヌバックにはラバー面、スエードにはナイロン面を使う。

スムースレザースニーカーの、ステッチの際やコバ部分の汚れにも応用ができて、1本あれば便利なこと間違いなし。

Photos:Yuya Iwaki
Text:Hisami Kotakemori

最終更新:9/21(土) 10:00
WEBUOMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事