ここから本文です

「グッドルッキング調味料」で手土産の達人に

9/21(土) 19:12配信

25ansオンライン

まだまだ残暑の厳しいこの時期、常温で持ち運べる調味料を手土産にしてはいかが? 料理に取り入れるとぐっと美味しくなる品々は、暑さで料理が億劫なときにもお役立ちの秘密兵器。キッチンに置いておくだけで嬉しくなる、グッドルッキングな面々を厳選しました。

安心して揚げものに使える精製油

アレルギーの子どもを持つ親の声から生まれた油。国産米ぬかを100%使い、独自の低温による抽出で、体に有害な物質の生成を極力抑えた完全無添加の米ぬか油。オリーブ油などの圧搾油に比べ、高温でも劣化が少ないので、加熱調理に最適。

スリランカのこしょうを、スリランカの塩で塩漬けに

こしょう本来の爽やかで高貴な風味を生かすには、採取してすぐ、生のまま塩漬けにするのがベストと結論!

素材の味を生かした、優しいうま味のだしパック

江戸中期から海産物を商う老舗の本格派だしパック。鯛(右)とあご(中)は、それぞれかつおをベースに鯛と焼きあごを。和風(左)は、鯖、鰹、あじなど数種の魚の節をブレンド。無添加なので安心。

毎日が楽しくなる、ディップみそが勢揃い

大正5年、福岡県に創業。赤みそ、白みそなど8種のみそをアレンジ。「コクトマト」は、みそ+トマトでパスタソースに。「トリゴボウ」は鶏そぼろとごぼうで肉みそにも。「カレーチーズ」は白みそ+うこん+クリームチーズ。

HIROKO KOMATSU

最終更新:9/21(土) 19:12
25ansオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事