ここから本文です

キャサリン妃、水玉ブラウスで病院をサプライズ訪問

9/21(土) 20:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

キャサリン妃がポルカドットのルックで、楽しそうにエヴェリナ・ロンドン・チルドレンズ・ホスピタル(Evelina London Children’s Hospital)をサプライズ訪問。キャサリン妃は、黒×白のポルカドットプリントのブラウスを、ワイドレッグのクロップトパンツにタックイン、ブロックヒールでポインテッドトウでブロックヒールの黒パンプスをスタイリングしていた。

【画像】キャサリン妃のワントーンコーデ集

キャサリン妃は、病院内にある子供の成長をケアするセンター、Sunshine Houseを訪れ、初めてママになる人と家族のためのプログラム、ファミリー・ナース・パートナーシップ(Family Nurse Partnership)の人々と対面。6歳のジョージ王子、4歳のシャーロット王女、1歳のルイ王子の3人の子供を持つキャサリン妃にとっても、身近な存在である同組織は、子供の成長の初期段階の分野で広範囲にわたって活動している。

最近、ファミリーライフと子供の問題に関わる活動とが重なり合い、ジョージ王子とシャーロット王女が通う学校で行われた子供のメンタルヘルスのワークショップを、キャサリン妃が訪問するということも。キャサリン妃はこの夏、秘かに3時間のセッションに参加。「ボディ・イメージの問題から、生徒たちがお互いにどう感情的に助け合えるか」まで、さまざまなトピックについて議論したと、ある情報筋が『People』誌に語っていた。

同ワークショップを主催した、著者でメンタルヘルスを提唱するホープ・ヴァーゴによると、セッションが終わるとキャサリン妃は個人的にヴァーゴに話しかけ、子供たちと関わる彼女の活動について議論したとのこと。「キャサリン妃はとても気さくでフレンドリーでした」と、同誌に語っていた。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

最終更新:9/21(土) 20:20
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事