ここから本文です

【断捨離】「本当に必要なアイテムはどれ?」理想の自分に近づくクローゼットの作り方

9/21(土) 13:13配信

with online

スタイリストの石川美久さんによる、クローゼットの見直し指南!

ピンクやリボン、花柄など、好きなものが決まっているwith girls 浅野由希さん(医師・29歳)。これからもフェミニンな服は着たいけど、いつも同じ印象になるのが最近のお悩み。

【STEP1】まずは、「見える化」から!

★なりたい憧れ像は『甘さと大人っぽさを両立したい』
甘テイストは続けつつ、大人っぽさが欲しい! きれいなお姉さん的スタイルが理想です!

CLOSET DATA

・洋服の収納枚数・・・40枚
(内訳:トップス20枚、ボトムス13枚、ワンピース7枚)
・靴・・・6足
・バッグ・・・5個

トップスはフィット感のあるリブトップスやハイゲージニット、ボトムスは花柄を中心としたフレアスカートがメイン! ビジューやリボンなどのデコラティブなアイテムも好きで、見つけるとつい買っちゃうんだとか。

【STEP2】アイテムCheck!

・気づいたらぴたリブトップスと膝丈フレアばかり……
ビジューがトッピングされたリブトップスや、花柄orリボン付きのフレアスカート……。シルエットやデザイン、丈感など、甘さのあるものばかりというのが、着こなしの幅を狭める原因!

・いつもピンクやパープルばかりで新鮮な色みに挑戦できない
「手っ取り早く女性らしく見えるので、つい集めてしまうんです。でも好きな色だし、これからも着たいな」(浅野さん) 違うカラーを試着しても“なにか違う?”と、なかなか購入には至らないそう。

→解決策は、「好きな柄や色みは生かしつつ甘すぎの原因アイテムとさよなら!」

【STEP3】取捨選択! 絞り込みスタート

◆定番化したリブニットの中で着まわしやすいものを厳選!
「ビジュー付きなどは記憶に残りやすいのでお気に入り以外は潔く捨て! その代わりシックな印象で着られて、なおかつ浅野さんの好きな花柄スカートと好相性のプレーンニットを残して」(石川さん)

ビジューのようなインパクトの強いデザインは1~2着あれば十分!

同じリブニットでもシンプルデザインを優先!

同じリブニットでもベーシックカラーを優先!

ベージュボーダーならワイドパンツとの相性もバッチリ!

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 13:13
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事