ここから本文です

【NJKF】4人の王者が集結、S1ジャパントーナメント開幕「その中で全てにおいて圧倒して僕が一番だと見せたい」(太田)

9/21(土) 17:26配信

ゴング格闘技

2019年9月23日(月・祝)東京・後楽園ホール『NJKF 2019 3rd』から「S1ジャパントーナメント」が開幕する。

【写真】太田が対戦を希望する馬渡のムチのような蹴り

 S1はムエタイの大物プロモーターであるソンチャイ・ラタナスパン氏が主催する大会で、2003年12月から行われている。NJKFとソンチャイ氏との提携関係が結ばれたことにより、日本人によるS1トーナメントを55kgと65kgの2階級で実施。優勝者にはS1ジャパンのタイトルの他、タイでS1のタイトルマッチやIBFの世界ランキング入りといったチャンスが与えられる。

 今大会では55kgの一回戦2試合と65kgの一回戦1試合が行われる。両階級とも決勝戦は11月30日(土)の『NJKF 2019 4th』(東京・後楽園ホール)で実施され、S1ジャパン王者が決定する。

 興行を主催するNJKFの期待を担うWBCムエタイ日本統一フェザー級王者・大田拓真(新興ムエタイジム)、2連続KO中で破壊力を見せるWMAF世界スーパーバンタム級王者・知花デビット(エイワスポーツジム)、今年に入り4戦全勝4KOと絶好調のジャパンキック・バンタム級王者・馬渡亮太(治政館)、INNOVATION初の3階級制覇を成し遂げたINNOVATIONスーパーバンタム級王者・岩浪悠弥 (橋本道場)と王者たちがエントリー。それぞれ意気込みを語った。なお、対戦カードは前日計量時のくじ引きで決定する。

大田「チャンピオンを獲った時のような盛り上がる試合を」

――06月02日、新人選手に判定勝利しWBCムエタイ日本統一フェザー級王者となった試合を振り返っていかがでしょうか。

「新人選手がデカくてすごく苦戦してしまいましたが、狙っていた技や攻撃が上手く当たって、そこはよかったと思います」

――ビッグイベント『S1ジャパントーナメント』への出場が決まりました。どんな心境でいますか?

「他団体のチャンピオンが集まったトーナメントですごく楽しみな気持ちです!」

――他の出場3選手と比べた自身の強みは何でしょう?

「ヒザ蹴りです」

――前日計量で行われるくじ引きまで対戦相手が分かりませんが、対戦したい選手がいれば教えてください。

「対戦したい相手は馬渡選手で、僕の中では一番の強敵だと思っています」

――今回のトーナメントでどんな戦いを見せたいですか?

「チャンピオンが集まるトーナメントですが、その中で全てにおいて圧倒して僕が一番だと見せたいです」

――ファンの方へメッセージをお願いします。

「チャンピオンを獲った時のような盛り上がる試合をしますので、ぜひ全力で応援してください!」

1/3ページ

最終更新:9/21(土) 17:26
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事